アフィリエイトのサイト » 高いメルマガ開封率と件名の関係
アフィリエイト

高いメルマガ開封率と件名の関係

コピーライティング

高いメルマガ開封率と件名の関係について説明しよう。

メルマガの件名における役割、目的は以下の2つなんだ。

 

■ ユーザーの注意をひく

■ メールを開封してもらう

 

件名はユーザーの目に止まらせるものであって、
最終的には、メールが開封させるためにある。

 

テクニックとしては、

・読み手に質問する、「~知りたくありませんか?」

・ノウハウっぽくする、「~する方法」

・謎をかける「どうやって」「どうして」

・内容を指す「こんな」「これで」

 

際どい方法としては、

・相手を怒らす 「だからあなたは稼げない」

・不可思議な表現 「貧乏人が大好きです」

 

テクニックとしてはまだ他に色いろあるが、
ここで、 ちょっと考えてみよう。

 

そもそも、件名が注意をひく、インパクトのあるものでなければ、
メールやメルマガは開かないのか? ということ。

 

普通の件名、つまらない件名であっても開くでしょ。

どういうメールや、メルマガかというと、差出人が、
あなたにとって重要な場合、友人、恋人、知り合いなど、

仕事であれば、取引先、上司と言った具合。

どんなにつまらない、普通の件名だって開くはずでしょ。

となると、

差出人が誰であるということが、
開封の第一動機となる。

 

ここで、よく考えてみて欲しいのは、
よく開くメールやメルマガは、先ほど行った友人、恋人、仕事関係ならず
それ以外の購読登録したメルマガということがあるでしょ。

どうして開くのか?

面白いとわかっているから、役に立つとわかっているから。

つまり、

 

本当に、価値あると感じてくれているメルマガであれば、
友人や恋人あるいは、仕事関係のメールと同じように、

件名が普通であろうと、つまらないものであろうとその差出人であれば、

必ず開く、と言うものになっていくはずでしょ。

 

メルマガの発行者としては、そのレベルを目指すべきで、
それが、ブランディング構築というものだ。

 

メルマガの件名でどんなに興味を引いて開封率を上げても、
それは取っ掛かりでしかなく、一時的なもの。

メルマガのブランド価値を高めていけば、
どんな件名のメールでも全て開封されるようになるわけ。

 

それにはどうしたらいいか、

ひたすら、メルマガの内容を読者のためになる、面白いもにするよう
研究し続けることだ。

そこは外してはいけないところ。

面白い、役に立つ内容を伝える取っ掛かりとして、
件名を工夫することも大事だけど

そればっかりにこだわってはだめで、
中身を磨くことを忘れていはいけない。

« »