アフィリエイトのサイト
アフィリエイト
ウィッシュボンアフィリエイトjへようこそ
ようこそ、ウィッシュボン アフィリエイトのサイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。このサイトは アフィリエイトを実践する人のために、いろいろ支援するサイトです。

個人事業で、ウェブサイト制作をやっております。 いろんな苦難を乗り越えて、アフィリエイトに辿り着きました。

会社を経営していく上でも欠かせない、情報発信ビジネスの基本から応用まで、  私が今までに学び、身につけてきた有益な情報を、日々発信していきます。
後発アフィリエイト初心者が稼ぐには

アフィリエイトの現状

アフィリエイトって言われて、何か分からない人は多分いないでしょう。 でもまだ漠然として、はっきり分かっていない人は、 こちらへどうぞ

アフィリエイトの始め方

アフィリエイト初心者の方は、実は何から始めたらいいか、分からないでしょう。こちらへどうぞ

ASPの登録方法と使い方

アフィリエイトで収益を上げるには、アフィリエイトする広告を貼るため、ASPに登録する必要がある。

アフィリエイトの注意点

アフィリエイトをやるうえで、初心者が陥りがちな誤り、やってはいけないこと、やっていいことを知りたい方は、こちらへどうぞ

アフィリエイトサイトの作り方

無料ブログで始めるというのも悪くはないが、無料という以外デメリットが多い。せっかくやるなら独自ドメインでオリジナルサイト、ブログを作ろう。

集客の方法

アクセスアップの方法はいろいろ、SEOやリスティング、TwitterやFacebookなどのSNS、ソーシャルブックマークやブログランキングなど。詳しくはこちらへどうぞ

収益を上げるには

アフィリエイトで収益を上げるには、ブログ、サイト、メルマガ、ステップメールを使用するなど、手順を追ってやることがある。詳しくはこちらをどうぞ

最新記事のご紹介

ブログのネタの探し方、困った時は必見!

日常

毎回の記事のネタに困ってないだろうか?

自分も初期のころ何を書いていいか、毎日毎日記事を書くのが
苦痛だったね。

最初は購入し教材のマニュアルに書いてあることを順を追って
書いていった。

もちろんそっくりまねるのではなく、自分なりの見解を入れて
文章そのものも変えていった。

その時、有効なのが、他の教材やメルマガだ。自分の場合
教材自体は1本しかとっていなかったので、無料のメルマガを
何本か購読していた。

そうすると、似たようなテーマのタイトルのメルマガがある。
例えば、「アクセスの集め方」検索をかければ、そのタイトル
のメルマガに絞られる。

そこから、いくつか拾って、使えそうなのをピックアップする。

それを混ぜて、やればオリジナルの文章が完成というわけだ。

ただそれでも、アフィリエイトに関しての記事ばかりだと
限界がある。

だから、

他のネットビジネス、例えば、せどり、プロダクトローンチ
ネットショップなど、話題を広げる。

それとアフィリエイトの比較でもいい。

時々飛び込んでくる、セミナー、スクールの勧誘を
分析し、評価する。

例えば、

「せどり13億」原口&岩田の『ザ・せどりスクール』は本物か
という事で、このせどりスクールの一連のビデオ、メールを見て
分析して、金額を支払うだけの価値があるのかどうか
批評する。

後は
自身が楽しんで書けるテーマを選定して、日々記事を書いていけばいい。

・心構えに関する内容
・プライベートネタ
・テレビや雑誌を見て気が付いたこと
・日常生活の中で気が付いたこと
・本業をしながら気が付いたこと

例えば、自分が記事にした例を言うと、
ショッピングモールでアパレル店を訪問した時の
従業員の接客の態度から、

売る気満々だとお客は逃げてしまう。
アフィリエイトもアフィリエイトバナーをべたべた貼り付けると
お客は逃げてしまう、という話につなげる。

フランチャイズの話があったので、
フランチャイズについて述べる。

ブランド、マーケティングノウハウオペレーションが確立しているので、
一からやるよりはるかに成功する確率が高い。

それでも依存症の人は成功しない。

アフィリエイトでも依存症の人は成功しない、とつなげる。

以上まとめると、

■ 教材のマニュアルを元に、他のメルマガなどを加えて
 オリジナル記事を作成する。
■ 他のネットビジネスに話題を広げる
■ セミナー、スクールの勧誘メール、ビデオを分析し批評する。
■ 日常生活、仕事で気付いたことを挙げる

日常常に気づいたことがあれば、書き留めておく。
それを元に記事を展開すれば、ほぼ無限に記事のネタができる。

「せどり13億」原口&岩田の『ザ・せどりスクール』は本物か

ビジネス

 

 

 

「せどり13億」原口&岩田「せどり13億」原口&岩田の『ザ・せどりスクール』は本物か?

せどりは、参加者が多く、競争が激しくなってきている中で
高収益を唄っているが。

メルマガの案内で飛び込んできたのは、原口と岩田という人が主催する『ザ・せどりスクール』のお誘いだ。
入塾費用が268,000円という高額セミナー。

例によってyoutube動画によって、何回かに分けて
ノウハウらしきものを小出しにして、最後はスクールへの
お誘いだ。

教え子291人で総額13億円を稼いだ手法「せどり」という
看板を掲げている。

13億÷291人=450万/人の単純計算になる。
稼いだというのだから、450万というのは利益でしょう。

どの程度の期間で、ということが書かれていないが、
ビデオの中で、複数の教え子が、毎月130~200万の
利益を稼いでいると言っていたので、
291人全員がそのくらいだとすると、2,3か月で450万
達成してしまう。

或は、

ビデオに出ていた教え子以外はほとんど稼げていない
のか?

いづれにせよ、総額13億円と言われても、誰がどの程度
稼いでいるのか、稼げていない人がいるのか、なんとも言えないね。

「100%成功保証スクール」という事だが、
どの程度でもって成功とするのか?
1円でも利益が出れば、それで成功とするのか、
毎月安定して30万稼ぐとこまでで成功なのか不明。

ビデオで、
店舗に行って次々買っていくシーンが映されている。
また初心者が指示を受けて、3店舗、3時間で回って
仕入れ72万、利益が40万出たという結果。

ただ口で言っているだけで、本当にそれだけの利益が
取れたのか、なぜ証拠の画像を見せないのか疑問だね。

何でせどりは競争が激しくなって稼げなくなっている中
このせどりだけは稼げているのか、理由は

・ジャンルを絞らず、オールジャンルでやっているから
・お店の癖を読みきっているから

理屈ではオールジャンルのほうがチャンスが多いというのはわかるが、
全ての商品に精通するというのは、単純に考えて難しい。

お店の癖というのはあると思う。

けど

店の癖ってある程度やっていれば
みんな把握できるのではないか?

ビデオの中で、特売の札に注目しているシーンがあったが、
それって誰でも知っているでしょ。

疑問なのは、目を付けた商品を店にあるだけ全て買ってしまうこと。
一つの商品の利幅が5000円で10個あるか50000万円という計算を
しているが、

普通は売る個数が増えて市場に出回ると値段が下がる。

セドロイドという無料のアプリを使用しているらしい。
これは商品のバーコードを当てれば、その商品がいくらで
売られているか分かるもの。
せどらーであれば、誰でも知っていて、使っている

スクールに勧誘するメールの題名に、
「申し込みが殺到しています」「サーバーがダウンしてしまいした」
と煽っていたね。

書かなきゃいいのにと思ったね。

これで信憑性が薄れる。

だって、

サーバーがダウンなんて、あきらかに嘘でしょう。
自分はサーバーの事に詳しいが、普通のレンタルサーバーでも
一度に1000アクセスがあっても耐えられる。

一度にというのは、数秒間だ。

よほどしょぼい、プロバイダーの提供している無料サーバーの
ようなものなら別だが。まさか使っているわけないでしょう。

中古ブランド市場は知っているので、その見地から
言うと、

同じ市場で仕入れている場合、差別化は難しいね。

ドン・キホーテなど誰でも行けるし

そうすると、あまりみんなが注目していない分野を狙う必要がある。
そうなるとやはり目利きが必要だ。

疑問点をまとめると、

◇オールジャンルを扱うにはある程度修練が必要。誰でも
出来るわけではない。どうしても得意不得意が出る。

◇誰もが知っているような店で仕入れるとなると差別化は難しい。

◇同じ商品を大量に仕入れると、値崩れするリスクがある。

◇誰もが無料で使えるツールを使っている。

◇勧誘の煽り方が嘘っぽ過ぎ。

例え言われる通り利益が出たとしても、相当
仕入れの目利きに時間がかかり、かつ仕入するのに
1日中回るようにかなり時間が取られて働きづくめ
になることが予想される。

26万支払って価値あるスクールかどうかは疑問が
残るね。

 

せどりなど転売ビジネスに関しては
以下にも書いてあるので参考にしてほしい。

オークション 転売儲からない?

 

ニートが生活費稼ぐ最適な方法

日常

ニートが生活費稼ぐ最適な方法があるのか?
と聞かれたら迷わず

アフィリエイト

と答える。

何でそんな話をするのかというと、バラエティ番組で、56歳のニートの
話が流れていたから。

56歳で、ニート? とわけのわからない感じがするけど、
実際にいるんだね。

79歳の母親と二人暮らしで、母親の年金月額8万円で暮らしている。
極貧じゃないの?

56歳の息子はアルバイトでもすればいいじゃん、と思うかも
知れないが、芸人になる夢を追って、アルバイトにつかない。

スタジオにいた芸能人はみんな怒っていた。

しかし、

これは笑ってられない。

実は、自分は誰にでもニートになる可能性は潜んでいると思っている。

職場で働くと、例えアルバイトでも、他の人間との間で
働くようになる。

人間が寄り集まると、必ず摩擦が生じる。

当たり前だね、誰一人として全く同じ考え、性格を持っている
人はいないんだから。

職場で働いていると、よほどひどい場合じゃない限り、
ストレスが生じていることに慣れてしまっている。

それが一旦何かのきっかけで、例えば首になるとか、
そこから外れて、一人になった時、そこではじめて、人との交わりの
中でストレスがあったことを感じる。

人間は楽な方向に流れがちだから、いったんそうやって
ストレスから解放されると、ストレスがある人の輪の中に
戻るのを恐怖に感じるんだね。

だから、例えアルバイトでも容易にやることができないんだ。

 

ニートとは違うが、以前似たような現象を見たことがある。

男物のアパレルブランド、エルメネジルド ゼニアが、
仕立ての職人を募集したんだ。

その時自分のおやじが、洋服の協会の会長をやっていたから
職人に声をかけたんだけど、誰も乗ってこなかった。

仕立て屋の職人は分からないかもしれないけど、ほとんど稼げなく
ジリ貧なんだ。

ゼニアは破格の条件を出しているにもかかわらず、手を挙げない。

不思議に思って、おやじに聞いたことがある。

そうしたら、驚く回答が来たんだね。

「みんな、長年一人で働いていることに慣れているから、組織の中に
入るのに恐怖を感じているんだ」
その時は、そんなことあるか? と思ったんだけど、
今になって思うと、なるほどな、と納得している。

だから、

ニートも容易に組織の中には戻れない。

ではどうしたらいい?

冒頭の話になるけど、そういう人こそアフィリエイトが
最適でしょう。

だって、誰とも接することなく黙々と作業をすればいいんだから。

いきなり、エリートサラリーマンが職を失って、
アフィリエイトをやるって言ったら、
最初はほどんど稼げないから、その収益の差で精神的にめげるでしょう。

ところが、

幸いニートであったら、お金のないのに慣れている。
ちょっとでも稼げれば、喜びは大きいはず。

ちょっと稼げればって、最初はゼロでしょう?
と言われるかもしれないが、

A8.netやMoba8.netなどの※セルフバックアフィリエイト
或は、自己アフィリがあるでしょう。

アフィリエイトとはちょっと違うが、

GET MONEYのようなお小遣い
稼ぎがあるでしょう。
資料請求や、モニターを見るだけで、稼げちゃう。

これだけで月10万稼げる。

ただ手続きなど面倒だし、沢山こなさなければならないので、
今まで普通に給料が入っていた人には割がいいとは言えないが、
ニートなら、いけるでしょう。

そんなことをやりながら、本格的にアフィリエイトを
やっていけばいいでしょう。

稼げるようになったら、自信にもなるから、
人格形成の上でもいいことでしょう。

またアフィリエイトは、倒産、失業した人にも
合っているビジネスだ。以下を見てもらいたい。

倒産、失業された方々こそ成果が出るアフィリエイト

※セルフバック:A8.netやMoba8.netなどのASPのサイト上から直接商品やサービスの申し込みができることを言う。メーカー、サービス会社側がアフィリエイター自身の申し込みを促している。

※自己アフィリ:、自分のブログやホームページなどにアフィリエイトリンクを設置し、そのリンクを自分でクリックしてサービスに申し込む形。

両方ともアフィリエイター自身が申し込む。

売れるブログの作り方 アパレルの店員の接客がヒント

アフィリエイト

売れるブログの作り方で、

そのヒントになる事を今日偶然体感したね。

 

「コクーンシティ」って巨大ショッピング施設
コマーシャルで宣伝しているけど、
家の近くなので、今日行ってきたんだ。

いやあ、さすがというか、面積が大きいから
ありとあらゆる店がテナントとして入っているんで
驚いた。

飲食店は、海外でも有名なお店から、地方の名店まで
お店だって、ファストファッションから、雑貨、
化粧品とありとあらゆるお店が立ち並んでいる。

丁度白のTシャツがほしかったので、
いろいろアパレルの店を次から次へと見て回ったんだけど、
なかなかいいのがない。

そのうちのあまりお客が入っていない1店舗があった。
モールなのでブースごとに隣と敷居があるだけで、
間口が全部開いている状態なので、入りやすい。

だから人が少なくても気にならなく、気軽に入れる。

そんなもんで、その店にスーッと入った。

そしたら、いきなり、店員が自分が入ろうとしている
ところの前に立ちはだかり、

「いらっしゃいませっ!」

と勢いよく接客をした。

その瞬間、自分はコロッと身を反転しその場を去った。

何故かって、自分は気軽に入ってみたかったのに、
店員が声をかけたため、入っていったらずっと寄り添われて
買わされるのではないか、という恐怖感が芽生えたため、
スッと逃げたわけだ。

本当はその店でゆっくり見たかったのに、
その店員は声をかけて

「コノヤローっ!」って感じだった。

この店員はたぶん、お客さんが来たら
「いらっしゃいませっ!」って言って近づくように
教育されていたか、

教育されていなくても、そうしないと
仕事をしていないと思われる恐怖心からか
やっていたのだろう。

でもこれってマイナスなんだよね。

人は本質的に売り込まれるのが、嫌なんだ。

ある店舗コンサルが言っていたけど、店の店員は接客で
お客に近づいてはダメ。ほかの作業なんかして、
放ったらかしにするのがいいってこと。

店員の必要なお客さんはちゃんと必要な時に
呼びかけるか、アイコンタクトをとる。

その時はお客さんからの意思表示があるから
はじめて接客をすればいいんだ。

もしあの時、店員が接客しなかったら、自分は
ゆっくり品物を見られて、気に入れば買っていたかもしれない。

これは何も店舗だけの事ではなく、いろいろなところに
当てはまる。

アフィリエイトもそう。

アフィリエイトサイトやブログでやたら
トップページから、アフィリエイトバナーを
いくつも貼っているのを見かける。

売る気満々だね。

訪問したお客さんはどう思うだろう。

検索で流れてきたお客さんは、いきなり訪れて
まだそのサイトの事、運営者のことが分からない
信頼関係も何もない状態で、バナーをクリックして
買うだろうか?

絶対に買わない。

さっきの接客と同じ理屈だ。

人は売り込まれるのが嫌い。

そんなサイト2度と訪れない。

サイトに訪問したお客さんは、メルマガなどで
信頼関係を築いた後で売る、というか
売れる状態になる。

自分が買ってしまった例を挙げよう。

とあるSEOのツールがある。

ツールの説明だけされたのではなかなか買わない。

そのサイトではツールの紹介のサイトではなく、
アフィリエイトのノウハウが書かれているサイト。

アフィリエイトの事、コピーライティングの事など
詳細に書いてあった。

メルマガを購読して、何度かアフィリエイトの事、コピーライティングの事
を質問しながらやり取りをした。

その中で、これは本当にいいツールだからと紹介されたのが、
とあるSEOのツール

もうその頃には信頼関係ができているから、その人の
紹介しているツールなら大丈夫という気持ちが芽生えていた。

それにレビューを見て中身がよさそうだという事で購入したわけだ。

まあ、そのツールは本当に良いものだったのだが、

ツールの説明をいきなりされてたのでは、絶対買わなかっただろう。

このようにいきなり売り込んでも、人はよほど
最初から買う気で、タイミングが合わない限り買わない。

そんな偶然はほとんどない。

だから売り込む前に十分に信頼関係を築くことが大事。
そうすれば売れる状態になる。

 

ブログの作り方書き方に関して以下も
重要なことを書いているので、参考にしてほしい。

読まれるブログ記事を書いて大量アクセスを稼ぐ方法

アフィリエイト初心者が継続するコツ

ビジネス

アフィリエイト初心者が継続するコツは
ほんのちょっとした心構えにある。

名称未設定-2

これがなんだかわかるだろうか?

これは傘だ。

でもただの傘ではない、
逆向きに開く傘 UnBRELLA

傘を開くとき上から下に開く
傘を閉じると下につぼむのではなく、上につぼむ。

何がいいかというと、

車なんかに乗る時、閉じても、
逆に閉じるので、雨に濡れにくい。
また車から降りるとき、ドアの隙間から傘だけ出して、
てっぺんから末広がりに開くので、これまた濡れにくい。

後は傘のてっぺん側が広がっているという逆三角形
なので、そのまま支えがなくても立っている。

畳んだとき、濡れている面が内側に来るので、
ズボンなど濡らさない

というものメリット。

 

これはデザイナー梶本博司により数十年の構想を経て
開発したものだ。

これが開発されたのをテレビで見た時に
衝撃を受けた。

「しまった!」

なんで、しまった、というような感情が起きたかというと、

20年前に、「傘が逆側に綴じたら、車に乗るとき便利だ」
と既に、そういう発想は自分の中に浮かんでいた。

これができたら大発明だろうと思いながら、
どうやってやるかが皆目見当がつかなかった。

それから、電車に乗る時にいつも傘が邪魔なので、
「立つ傘」があったら便利だなと思ってた。

偶然エレベーターに乗り合わせた女子2人の何気ない
会話に「立つ傘があったら便利だよね」
なんてのを耳にした。

やはり需要があるんだ、とこの時思った。

こういう風に発想はあったが、結局行動に移さなかった。

梶本博司氏は、行動に移して、逆向きに開く傘 UnBRELLAを
世に出した。

何度か挫折があったらしいが、とうとう完成したという事だ。

何が言いたいかというと、

自分は、発想はよかったが、行動しなかったために
何も生むことができなかった。

発想するというには誰でもやる、でも素晴らしいアイデアが
浮かんでも実行する人は少ない。

実行しなければ、何も生まれないという事だ。

当然、アイデアがそのまま簡単に形になって、
実用的になるわけではない。

いくつものハードルを乗り越えて、実現するものだ。

梶本博司氏は十数年かけてこれを開発したということは
十数年間は無収入、おそらく途中で何度も挫折しただろう。

「やっぱ無理だろう」「お金にならない」
と思ったこと、何度もあったそうだ。

もし、自分が実行し継続し続けていて、
幾度もの挫折を乗り越えてたなら
その傘を生んだのは自分、という可能性もあった。

 

アフィリエイトもそう。

色々、アフィリエイト関連のサイトやブログを読んだり、
メルマガに登録して、購読したり、

頭で吸収し、いくら考えても、実行しなければ
いつまでたっても収益を得るということは実現しない。

実は頭の中であれこれ考えるのは、それほど苦じゃない。
でも
実行に移すのは、相当骨の折れる事であり、なかなか難しい。

やりかけても、すぐ壁にぶつかる。

アフィリエイトは、とりわけ、他のネットビジネスの中でも
成果が現れるのが遅い。

例えば「せどり」などは、利益の額は別として、
直ぐに結果が出る。

アフィリエイトは2,3か月で初心者が、収益に結び付けるのは
非常に難しい分野である。

とりわけゼロからスタートすると、長期の期間にわたって、
砂をかむような作業を続けなければならないわけだ。

ゆえに実行が難しく、

例え実行に移すことができても
継続が難しく、挫折してしまう。

逆に考えると、そこを乗り切ればライバルは少ない
からチャンスと言える。ライバルの大半は既に挫折しているから。

実は、アフィリエイトを取組もうと
「思った」ひとは結構多いだろう。

それも1回だけでなく、2回、3回と。

本業や、今専念している事が、つまずくたびに
「やっぱ、やってみようかな」と思うのではなかろうか?

実は、何を隠そう自分もそうであったから。

でも結局やり遂げないと、何も生まれない。

一度やろうと思ったら、やり遂げないと
いつまでたっても稼げない。

時間かかろうと、ほんの数千円でも稼ぐ事が出来たならば、
そこから道が見えてくる。

そこまで頑張ったほうがいい。

挫折しそうになったときは、思い出してほしい。
逆向きに開く傘 UnBRELLAは十数年間
幾度もの挫折を乗り越えて、世に出た。

それから比べると、

アフィリエイトを継続すること
なんて大したことはない。

そう自分に言い聞かせることが、続けるコツ。

また、アフィリエイトをただ継続させるだけではだめ。

絶えず軌道修正してくれる人がどうしても必要になってくる。

以下を参考にしてほしい。

アフィリエイト初心者の成長を加速させるセカンドオピニオン

 

 

youtubeでお金を稼ぐ方法はあるのか

アフィリエイト

 

youtubeでお金を稼ぐ方法があるのか?

ヒカキンなどコマーシャルに出て、まるでタレントのように
人気者になって、数億円という金を稼いでいる。

「へ~え、あんな何気ない映像を撮りまくるだけで億稼げるんだ」
と思った人は結構多いのではないだろうか?

それでさっそく初めて、youtubeで動画を試した人もいるだろう。

今まで1回見ると、約0.1円と言われていて
10万回再生されると1万円入ってくる計算

とすると1億円稼ぐのに10億回再生か、とため息をつく。

しかし

youtubeは、報酬率を下げてしまった。

何故か?

youtubeは、動画にCMを付けることで
収益を得ているが、CMを掲載しても効果が
大してないと企業側が感じているため、
CMを掲載する企業が減ってきて収益が下がっているからだ。

ヒカキンなど主な視聴者は子供、

そりゃそうでしょう。

どう見てもクオリティが低い。

あんなのまともな大人が見るのか、という感じに思った人は
少なくないのでは?

CMの対象は、当然ながら大人なので、子供ばかり見る動画は
広告宣伝力が弱い

それで下がったわけだら、ユーチューバーは大変だ。

しかし

それ以前から、ユーチューバーの大半は儲かっていないという
事実がある。

ただ再生回数だけで稼ぐビジネスモデルでは厳しい。

やってみればわかる。

100万回再生されるのにどれだけの動画を作らなければ
ならないか?

1つの動画だけで100万回は相当しんどい。
相当面白い、よほど感動的
相当インパクトある動画でないと無理でしょう。

それで稼げたのは10万円、いまでは5万円以下

これでは商売にならないでしょう。

白石という人が「ハンモックyoutube」という
youtubeのセミナーの広告で、月額収益36万円
と唄っているが、

とても再生回数の手数料だけでは36万円は絶対無理

メンバーの一人がちらっと漏らしていたが、
バックエンド商品を売ってやっと達成するということ。

つまりyoutubeを利用して、メルマガに導き
そこから商品を最後に宣伝する。

「ハンモックyoutube」の場合、おそらく
バックエンド商品は、「ハンモックyoutube」の
セミナーそのものだろう。

この方法って、ブログからメルマガに誘導し、
そこからステップを踏んで、アフィリエイト商材を
売る、

アフィリエイトと全く同じ。

ブログが動画に変わっただけ。

実は、これがyoutubeで儲ける方法。

youtube動画の再生回数で儲けるのではなく、
動画を利用して、バックエンド商品を売る、

バックエンド商品がアフィリエイト商材であれば
アフィリエイトの1つの方法となる。

動画の視覚的、聴覚的効果が大きい。

文章をみるよりも、人の声のほうが心に響きやすいし、
説明するにも動画で説明したほうがわかりやすい場合がある。

ただ動画は文章と違って、要点だけ飛ばしてみるというわけに
いかない。

だから、文章と動画を両方合わせるとより効果的である。

こうしてyoutube動画は直接的に稼ぐよりも、
youtube動画を利用することにより、メルマガに誘導し、
バックエンド商品を売るという、

間接的な方法により、
稼ぐ事ができる優良なツールと言える。

アフィリエイトブログ売れない理由の意外なところ

アフィリエイト

アフィリエイトブログが売れない理由は、ブログの内容、
記事以外にもある。

もし、クオリティの高い記事を書いているのに
全くアクセスが集まらない、売れないとなると
それ以外のところに原因があるかもしれない。

そんなことを気づかせる出来事があった。

 

IMG_20150503_133326IMG_20150503_133128

休日なので、家族で、レストランに出かけることにしたんだ。

ところが、お目当ての人気の郊外のレストランが、1時間待ちと
混んでいたので、待ちきれず、近くのレストランを探すことになった。

スマホで慌てて探したレストランがここでした。
席が空いているという事で、行ったのだが、
入口はちょっと期待させる感じだった。

ところが、
中に入ってい見るとビックリ、何が悪いのか
雰囲気が悪く「しまった」という感じだった。

しかし料理は意外といってはなんだが、コース料理は
前菜もメインも美味しかった。食後のコーヒー、デザートも
手を抜いてなかった。マスターも愛想がいい。

何が悪いのかというと、この内装のセンス。
余計なピンク仕切りのカーテンや天井にぶら下がっている黄色の布
カーテンの色も悪い。

食事中この内装の話で盛り上がった。

「布類全部取り外せば、結構おしゃれな店なのに」
で全員一致

外観も凝っている、シェフの腕もいい、接客もいいのに
ただ内装がすべてをぶち壊している。

正確にいうと内装ではなく、余計な布がかかっているだけで
雰囲気が不気味という感じがして、入った瞬間
「出ようかな」と気持ちになってしまったんだ。

これは恐らく、オーナーのセンスなんだろうね。
フランスの店を見て見様見真似でやってこれでいいだろうと
考えてやってんだろう。

料理は美味しいし、接客も丁寧でとてもいいのに
もし、誰かが内装についてアドバイスして、布をすべて取り外す
だけでも雰囲気は変わって、お客さんはもっと入るはず。

昼時、客は4組ぐらいいたのだが、何しろゴールデンウイークで
周りのちょっとしたレストランは予約でいっぱいの状態だから
やはり少ないよね。

布を外しただけで、たぶん後2割ぐらい客が増えると思う。

店の重要な要素として
・外観
・内観
・接客
・料理

というのがあるが、
料理が最低であれば、論外であるが、料理がうまいだけでは
ダメなんだね。

料理を楽しむため、外観、内観、接客を含めた雰囲気が
大事。どれが欠けて集客は落ちるね。

料理を食べる前に外観が悪ければ、入らないし、
内観、接客が不味ければ、料理もまずく見える。

これはアフィリエイトで構築するブログやサイトにも言える。

ブログやサイトを構成する重要な要素は以下になるなのだが、

・タイトル
・ヘッダー画像
・キャラクター
・プロフィール
・記事タイトル
・記事内容

これらすべてが重要な集客の要素になる。

記事はレストランで例えると料理になり、
タイトル、ヘッダー画像、キャラクターというのはレストランで言うところに
外観、内観となり、質問に対する回答など読者とのやり取りが
レストランで言うところの接客。

料理がいくら美味しくても、外観、内観、接客が
いまいちだと、お客さんが入ってこないのと同じで、

いくらコピーライティングの力をつけ、ものすごいいい文章を書いても、
タイトル、ヘッダー画像、キャラクターが悪ければ、
そもそも、訪問しても、記事は読んでもらえず、離脱してしまう。

コピーライティングの重要性はあちこちで言われ、
結構それに関する教材、セミナーも溢れいている。

だからよい記事を書ける人は結構出てきている。

その中で、レストランの外観、内観が重要なように
タイトル、ヘッダー画像、キャラクターというのは
よほど重要になってくる。

そこを工夫すれば差別化を図ることができる。

◇タイトルがありふれていてインパンクとがないということはないか?

◇ヘッダー画像はどこかで使われている個性のないものになっていないか?

◇自分ではいいとおもっても、他人が見て気持ち悪いキャラクターを
使っていないか?

◇自動作成などでどこかで使われているようなキャラクターを使っていないか?

 

まとめると

ブログやサイトを構成する要素

・タイトル
・ヘッダー画像
・キャラクター
・プロフィール
・記事タイトル
・記事内容

とても重要でどれが欠けても、集客が落ちる原因になる。

せっかくいい記事を書いているのに
伸び悩んでいる人はそれ以外の要素を疑ってみる。

 

 

コピーライティングの重要性を語っている教材は多いが、
ヘッダー画像などを述べている教材は少ない。

そのことをきちんと説明していて、衝撃を受けたのが、
「エンタメブログ魂」

もし、本気で正しいアフィリエイトブログの構築の仕方を
学びたいなら、ぜひともレビューを読んでほしい。

「エンタメブログ魂」

 

インターネットで集客、実は9割のネットを利用する企業も悩んでいる。

アフィリエイト

 

インターネットで集客、実は9割のネットを利用する企業も
できていないという
事実がる。
驚くべきことだが、それほど難しいという事だろうか?

それを紐解くヒントがアフィリエイトにある。

 

情報商材アフィリエイトを始める前、

どうやって稼ぐのか全く分からなかったし、

どうせ、初期のころ手がけた人だけがもうかっているだけで、

今更やっても無理でしょうと思ってた。

 

じゃあ、何でアフィリエイターになったかというと、

プロフィールでも書いたように、切羽詰まった

動機があったので、もう一度アフィリエイトについて

考えてみようという気になったわけ。

 

 

それで、

自分が初めて、情報商材アフィリエイターから

教材を購入した時、

 

「なるほど、そうだったのか」

と頭を金づちで打たれたような心境だったね。

ウェブマーケティングの基本じゃない!

 

大体のアフィリエイトの作業の順序は以下である。

■見込み客をイメージする

■見込み客について調べる

■見込み客が検索するキーワードを探す

■そのキーワードを元にブログ記事を書く

■見込み客をメルマガに誘導する。

■メルマガで信頼関係を築く

■商品を紹介する

■メルマガ、フォローメール

■また商品を紹介する

 

これって昔からやっているウェブマーケティングの応用じゃない。

 

ブログ、メルマガなど古い手法だけど、今でも通用する王道ってことだ。

忘れかけていた基本に、改めて気づかされた感じ。

 

基本であるのに、自分もできていなかったし、

ネットを利用する企業など

BtoBの世界では意外とできていない。

 

ほとんど広告宣伝で商品を紹介することだけに徹している。

メルマガを見ても、商品の紹介か、くだらない日記か
どちらかである。

 

ブログを見てもそう、商品の紹介か、全く関係ない
日常どこへ行ったとか、何食べたとかいう類のもの。

しかも頻繁に載せることにこだわっていて中身が疎かに
なっているか、ほとんど載せない、どちらかである。

 

リスティング広告を出すのはいいが、直接の売り込みである。

 

それで、ビッグキーワードを狙ってるから、入札価格は高く
採算ギリギリか、赤字になる。

 

Googleがペンギンアップデート、パンダアップデートなど
かなり厳しい基準を設ける以前は、金をかけて
外部リンクを貼るなどSEO対策を専門業者に依頼すれば、
上位表示され、お客が流れてきた。

 

しかし、今は

被リンクを貼って金に物を言わせ、強引に上げる手法は全く通用しない。

あたりまえだが、役に立つ情報を発信なければ
評価されない、すなわち上位表示されない。

アフィリエイターがやっているようなことをやらないと
難しい時代になってきた。

 

だから、

結局はインターネットを使ってどんなビジネスを取組もうと
アフィリエイトの手法が基本になるわけだ。

 

アフィリエイトを学ぶことを強力に勧める。

ただ

既に大勢の人がアフィリエイトに取り組んでいるか
取り組んだ経験がある。

そんな中で新たにアフィリエイトに取り組む場合
の考え方は以下を参考にしてほしい。

 

 

 

 

 

アフィリエイト初心者の悩み、競合のいない分野はあるのか?

アフィリエイト

 

アフィリエイト初心者の悩みは恐らく、
アフィリエイトであまり競合のいない分野はあるのか?
ということだろう。

残念ながらないでしょう。

 

むしろ、

アフィリエイトは競合が沢山いる。

もうすでにアフィリエイトがビジネスとして世に出て10数年たっていて、
参入障壁が低いため、大勢の人が参入してきている。

だからあなたが狙うジャンルには既にたくさんの競合がいる。

なんだ、うんざりだ

という声が聞こえてきそうだ。

じゃあ、ビジネス全体で考えてみよう。

ブルーオーシャン戦略という言葉があるけれど、
競合のいない青い海で 事業をするための戦略ということだが、
果たしてあるのか?

ある。

けど、

それをあなたは容易につかめない。
あなたというより、ほとんどの人がつかめない。

よほど、運がいいか、よほど天才でない限り。

大半の人が、逆の意味のレッドオーシャン、競合がひしめく赤い海で
泳いでいる。

既存のビジネスを見てみて

不動産業、美容関係、教育関係など、全て競合で溢れている。
ネットビジネスだって、同じだ。

でも次々ベンチャー企業が新しいビジネスモデルを作って
活躍してるのをテレビで見るよ。

と言うかもしれない。

でも、画期的なアイデアで華々しく活躍しているかにベンチャー企業

テレビでクローズアップされても、赤字か多い。
5年後に残っているのはどのくらい?10年後は?

5年後で10%、10年後3%しか生き残っていない。

なんだ、お先真っ暗じゃん。

と思われるかもしれないが、そうでもない。

レッドオーシャンは悪いことばかりでない。

レッドオーシャンは競合が多いが、逆にいうと市場が確立されているともいえる。
ブルーオーシャンは市場そのものがあるかどうか分からない
ところに飛び込まなければいけない、一種の賭けだ。
うまくいけば大成功かもしれないが、そうはうまくいかない。

レッドオーシャンは、市場が既に確立されているから、
収益になる道は整っているのだ。

『リアルフリーのビジネス戦略』の本を出し、エステサロンを全国展開している高橋仁氏
はいいこと言っているね。

「誰もやっていないことをやる」ことで起業するのは、非常に難しい。そして、「誰もやっていないこと」をやっても、必ずしも成功するとは限らない。
「レッド・オーシャン」の中にこそ「ブルー・オーシャン」がある。

 

レッドオーシャンでどっぷりつかって、そこで揉まれて、
しのぎを削る。その中から、自分らしい個性を出し差別化を図る。

まさにアフィリエイトにも言えることだ。

アフィリエイトがブルーオーシャンだという人はいないようね?
真っ赤なレッドオーシャンだ。

どんな分野(テーマ)を探しても、そこには必ず
既にその分野で稼いでいる人々が存在している。

その中でそのライバルたちと戦っていかなけらばならない。

ただ、

人それぞれ、今まで生きてきた道が違う。
職業だって違うし、学生でも学んできたことが違う。

それぞれ個性が違うから、自分の個性を引き出せば、
そこにブルーオーシャンを見いだせるわけだ。

自分の場合、ネットビジネスのほかに、証券会社、パチンコ店
というリアルビジネスを経験してきた。

だから、リアルビジネスの事例をたくさん持っているわけだ。
これが大いに記事を書く時にも活きている。

あなたにも必ず、あなたならではのものがあるはずだ。
同じ分野を語るうえでも、独自の味付けができるはずだ。

まとめると、

■レッドオーシャンは収益になる道が整っている。

■ブルーオーシャンを追うのではなく、レッドオーシャンの中で
ブルーオーシャンを見出す。

■アフィリエイトにおいても、それぞれ培ってきた背景があるはず
それが個性であり、その自分の個性を活かせば、
十分活路が見いだせる。

ぜん

アフィリエイトをやっている人の95%の人が稼げない
と良く言われているが、これも考え方次第で、全然悲観的な
数字でないことがわかる。

以下で詳しく書いてあるので見てほしい。

 

アフィリエイトをやっている人の95%は稼げない

アフィリエイト

 

 

アフィリエイトをやっている人の95%は稼げない、
5000円も稼げていないというのはよく、あちこちのメルマガで
見る数字だ。

そんなに厳しいのかと感じるだろうか?

やってみて分かったが、この数字は正しいが、
ちょっとニュアンスが違う。

95%の人が、3か月以内で稼げないでやめてしまう、という数字だろう。

 

逆にいうと3か月以上続けていれば、稼げる確率が高くなってくるというわけだ。

なぜ3か月以内でやめてしまう人が大半かというと、
それだけ容易に取り掛かることができるからだ。

容易にできるから、気軽に始めて、成果が出ないので、すぐにやめてしまう。

それからやり始め、アフィリエイト1本でやっていく人は少ないだろう。

本業を抱えてやる人が多いため、

「本業が忙しいから」というやめる理由が
あるため、容易にやめてしまう。

例えば、飲食店を開業するとどうだろう。

投資額が数千万 場合によっては億、自己資金全てでなく
銀行から借り入れしたりすると、返さなければいけない。

容易にやめられないだろう。必死になってどうにか稼ごうとする。

そこからするとアフィリエイトの投資額は教材などを買っても
せいぜい数万円、いつでも諦めがつく金額だ。

だから95%の人は5千円も稼げていないという事なのだ。

 

実はアフィリエイトに限らず、ビジネスをやって収益を上げることは
容易ではない。

「事業は千三つ」

という言葉を知っているだろうか?
新しく事業を始めて、成功するのは1000に3つ、つまり0.3%しか
成功しないということ。

いや~低いね。

失敗のほうがはるかに多い。

例えば、フランチャイズ事業など、マーケティングノウハウ、
オペレーションすべて揃っていて、ゼロからやるよりはるかに
成功率が高い。

その中で、比較的安価で始められるカーシェアリングなど、
全体の加盟店のうち、3年たって黒字になるのが、1割にも満たない。
安価に始められるたって、儲からないで3年で撤退した場合、
数百万の損失だ。

そいう言うのを考えると、アフィリエイトで5000円以上稼いでいるのは
5%という数字も、さほど驚く数字ではない。

結局なにをやっても大変なんだらか、アフィリエイトをやり始めたら
とりあえず、必死に半年、1年は続けてみよう。

では続けられる心構えがあるのか?

一番重要な心構えは、「期待しないこと」

教材なんか売る人は宣伝文句で、すぐ稼げる、月100万稼げる、5千万稼いだ、
年収1億だ、というのを掲げていて、どうしてもつられて
淡い期待を持ってしまう。

半年以内で100万円稼げた人がいるというのは嘘ではないが、
いろんな条件が重なってできた結果で、すげての人が
出来るわけではない。

まずそんなことは忘れて、とにかくアクセスを集め、
例え1000円でも稼ぐ事を念頭に置いて、

最初は地道な作業が続く、
例えていうと、誰もいない舞台でひたすら一人で
演技をしているような、空しい作業が続く。

最初のころは、誰が見ていようと見ていまいが関係ない。

ひたすら人々の役に立つ価値あるコンテンツを作る事に 集中する

そうすればおのずと5%内に入ってくる。

まとめとして、

■結局なにをやっても大変なんだらか、アフィリエイトをやり始めたら
とりあえず、必死に半年、1年は続けてみる。

■一番重要な心構えは、「期待しないこと」

 

この2つを念頭に置いて、頑張ってみよう。

 

具体的な準備につていは以下を参考にしてほしい。

アフィリエイトの準備 超初心者

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >