アフィリエイトのサイト
アフィリエイト
ウィッシュボンアフィリエイトjへようこそ
ようこそ、ウィッシュボン アフィリエイトのサイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。このサイトは アフィリエイトを実践する人のために、いろいろ支援するサイトです。

個人事業で、ウェブサイト制作をやっております。 いろんな苦難を乗り越えて、アフィリエイトに辿り着きました。

会社を経営していく上でも欠かせない、情報発信ビジネスの基本から応用まで、  私が今までに学び、身につけてきた有益な情報を、日々発信していきます。
後発アフィリエイト初心者が稼ぐには

アフィリエイトの現状

アフィリエイトって言われて、何か分からない人は多分いないでしょう。 でもまだ漠然として、はっきり分かっていない人は、 こちらへどうぞ

アフィリエイトの始め方

アフィリエイト初心者の方は、実は何から始めたらいいか、分からないでしょう。こちらへどうぞ

ASPの登録方法と使い方

アフィリエイトで収益を上げるには、アフィリエイトする広告を貼るため、ASPに登録する必要がある。

アフィリエイトの注意点

アフィリエイトをやるうえで、初心者が陥りがちな誤り、やってはいけないこと、やっていいことを知りたい方は、こちらへどうぞ

アフィリエイトサイトの作り方

無料ブログで始めるというのも悪くはないが、無料という以外デメリットが多い。せっかくやるなら独自ドメインでオリジナルサイト、ブログを作ろう。

集客の方法

アクセスアップの方法はいろいろ、SEOやリスティング、TwitterやFacebookなどのSNS、ソーシャルブックマークやブログランキングなど。詳しくはこちらへどうぞ

収益を上げるには

アフィリエイトで収益を上げるには、ブログ、サイト、メルマガ、ステップメールを使用するなど、手順を追ってやることがある。詳しくはこちらをどうぞ

最新記事のご紹介

アフィリエイトの準備 超初心者

アフィリエイト

 

アフィリエイトをいざやろうとしても、
超初心者にとってはその準備も大変だろう。

アメブロなどの無料のブログは手が付けやすいかもしれない。
登録すれば、すぐ記事を書くことができる。

「ブログを書く」ボタンを押せばエディターが
出てきて、ワープロのように書けばいいだけ。
装飾やリンクも感覚で分かるだろう。

超簡単だね。

 

記事を書く練習としては、コストゼロでできるので
いいかもしれない。

 

ここでアクセスを伸ばすこともできる。

ただ注意しなければいけないのは、
ここですべてやってアフィリエイトビジネスをやろうとすると
失敗する。

何故なら

アフィリエイトはもともと禁止されているし、
ブログ自体、運営者によっていつ削除されるかわからない。

せっかく1000記事書いたのに、一瞬で削除された
というけーすもある。たまらないね。

それに独自ドメイン(自分のドメイン)で運営ができない
無料ブログが多い。

以下を見てみよう。仮に、go_go_affiliateというドメイン名を
つけても、ameblo.jpの配下になる。

http://ameblo.jp/go_go_affiliate/

これはアメブロの例だが、

アメブロにあなたと同じテーマの
ブログがあったら(通常はたくさんある)
Googleの検索エンジンは、ドメインameblo.jpの中の
1つ2つを上位にあげる。

だからあなたのブログは埋没してしまう可能性がある、
というよりかは、ほとんど埋没してしまう。

シーサーブログのように無料で独自ドメインが取れる
無料ブログもないわけではないが、

 

一生の資産になるのだから、独自ドメインを取得して
サーバーを自分で借りたほうがいい。

 

その独自ドメインとレンタルサーバーについて説明しよう。

 

独自ドメインとは自分の独自の名前をアドレスにするという事。

例えば、

http:// go_go_affiliate/

をみると、先ほどのようにgo_go_affiliateの前になにもついていない。

 

どこで取得するかというと、いくつか提供しているところがあるんだけど

自分がお勧めするのはムームードメイン

 

値段は何処でも今安く、.comなら年額で1000円弱で取得ができる。

取得ができると言っても、毎年お金は払うんだけど。

 

ムームードメインは使い勝手がいい。初心者でも感覚的に操作出来るから。

 

ドメインを取得すると次は、サーバーを借りなければならない。

 

サーバーというには、ウェブサイトやブログをウェブ上で見せるための

装置だと考えていい。

サーバーを借りるって、買うのはどうなの?

買うと高いから、通常は借りて、毎月一定金額を払う。

 

サーバーを借りる場合3つの種類がある。

 

■「共用サーバー」=1台のサーバーを分割してその一部をレンタルする

■「仮想専用サーバー=VPS」=実際には共用サーバーだが、仮想的に専用サーバーのようにしたもの。

■「専用サーバー」=1台のサーバーをまるごとレンタル

 

 

なんだかよくわからないし、どれがいいかわからない、という声が

聞こえてきそう。

 

一応、知識として羅列しただけで、

値段が一番安い、共有サーバーで十分でしょう。

 

レンタルサーバーであれば、どこでも今やすいからいいけど、しいていうなら

「ロリポップ」

何故なら、安いし、初心者が使って、一番わかりやすいサーバーだから。

 

順番としては、ドメインを取得、サーバを借りる

どちらを先にやってもいいのだが、両方とも登録して取得が完了すると、

DNS(ネームサーバー)設定をやらなければならない。

 

DNS(ネームサーバー)設定とは、ドメインとサーバーを関連付ける作業で、

サーバーによってDNSが違うので、そのサーバーのDNSをドメイン管理会社

の管理画面にせっていしなければならないんだ。

 

慣れていないと、めんどくせー、という事になるが

ムームードメインとロリポップは親会社が同じなので、凄くわかりやすい。

ムームードメインの管理画面から、ネームサーバー変更ボタンを押し、

ロリポップレンタルサーバーにチェックを入れるだけ。

後はロリポップ側で、独自ドメイン設定ボタンを押して設定すればいいだけ。

 

アフィリエイトをやるにあたっての心構えを
もう一度確認したいということなら以下を読んでほしい。

 

アフィリエイト初心者が陥りがちな選択

 

 

 

 

 

 

 

株式投資で儲かる人はどんなことをやっているか?

ビジネス

株式投資で儲かる人はいるのか?

株式投資というと非常にリスクがあると思うでしょう。

よく昔から、株を持っていたら、その会社が倒産し、
紙屑になってしまった、なんて話聞くよね。

それは可能性としてある。事実自分も持っていた株が、
粉飾決算をしていて、倒産してしまって紙屑になっていたことがる。

その時はたまたま、別の株が、3倍に膨れ上がったので、
トータルすると利益は出たんだけど。

「リーマンショック」見たいのが来たらどうするの?

多分、株式投資をやったことのない人はまずこのような
疑問を持つだろう。

ある程度選択が間違わなければ、という条件付きになるが、
実は例えリーマンショックが突然来て、売り損ねたとしても、
長い目で見れば、預金するよりはるかに利益が出るんだね。

 

うそーっ!そんなことない。

と思うかもしれない。

いや事実なんだ、これが。

潰れるリスクのあるベンチャー企業でなく、
日本の名だたる企業を買うという条件で、
5年以上持ち続ければ、大抵は、リーマンショック直前の高値で
買ったとしても、それを上回るんだね。

なぜか?

リーマンショックのような大暴落があると経済が混乱する。

そうすると必ず、各国の政府が、回復させようと
必死に政策を打ってくる。

そうするとやがてそれが利き始め、経済が持ち直す、
世の中の経済が持ち直すと、企業業績が持ち直す、特に
日本の名だたる企業の株=大型株の株価が反応するというわけ。

だから

長い目で見ると株式投資のリスクは低く、
預金するより、全然効率がいい。

以上は極端なリスクがないという事を言いたいために
引っ張り出してきた事実だ。

そうは言うものの、5以上年待ってって、そこまで眠らせて
置けない、という人が多いだろう。

つまり長期投資ができない人たちに、しかもトレーダーのような本業にする人たちみたいに
年中張り付いてたら仕事ができないという人たちに
やったらいい投資方法を教えよう。

まず、

1日に何回も売り買いする、或は2日~3日間ぐらいかけて
やるような短期投資は避ける。

なぜなら短期だと、経済ファンダメンタルというより、心理で
動くため、非常に読みづらい。

円安で株が上昇すると思いきや、円安なのに返って下がるというのが、
短期の常。株を売りたい人と買いたい人の思惑、需給関係で動くため
シナリオが描きにくい。

投資家心理を読んで、いちいしち売り買いしていたら、仕事になんないね。

だから

1か月単位の中期投資を勧める。

 

銘柄選定に困るという人は、今便利な、日経平均に連動するETF上場投信というのがる。
日経平均に連動して動き、いつでも売り買いできる。
だから、個別の株の決算など気にしなくていい。日経平均だけを見てればいい。

 

頭に入れるべきことは、株は必ず波を打つ。

 

上がったら上がりっぱなし、下がったら下がりぱなしという事は決してない。

そこを利用する。

株価が上がり続けると必ず、悪い材料が出てくる。
株価が下がり続けると必ず、よい材料が出てくる。

 

上がり続けると、市場は悪い材料を探すんだ。
それをきっかけに一挙に下がる。逆もそう。

株価が下がり続けているときに「リーマンショック」は起らないよね。

 

必ず波を打って、理由は後からついてくる。

 

今だったら、ギリシャ問題って、常に問題なのに、株が上昇し続けると
必ず問題として浮上する。 そして下がる。下がって底をついた状態から
上がってくる段階で、ギリシャ問題は出てこないか、無視される。

売られすぎ、買われすぎの指標は「ストキャスティクス」を利用すると
分かりやすい。

「ストキャスティクス」とは、米国のジョージ・レイン氏によって
考案されたオシレーター系のテクニカル指標です。株価の「売られ過ぎ」、
「買われ過ぎ」を判断するための指標。

この指標で、20%を切ったところで買い、80%を上回ったところで
売る。

もちろん騙しもある。60%で下がる時もあるし、40%で切り替えし
上がる時もある。

ただ概ねパーフォーマンスはいい。

そうすれば、時には失敗するかもしれないが、トータルで見ると、
非常に効率がいい投資ができる。

是非やってみてほしい。

 

 
とはいうものの株式投資は上がったり下がったりするので、
一喜一憂するのが性に合わないという人は
こちらも見てほしい。

オークション 転売儲からない?

ビジネス

 

インターネットビジネスといっても、アフィリエイト、
Amazon輸出販売、せどり、アドセンスいろいろある

インターネットビジネスを始めようとしたら、
どれが手っ取り早く稼げる可能性があるか?

 

やはり転売ビジネスだろう。

 

商品を仕入れて、ヤフーオークションなどで売る、
というのが手っ取り早く稼げる可能性はある。

 

アフィリエイト、アドセンスなどでも儲けようとしたら、
何しろ有益なコンテンツを出し続けて、アクセスを稼がなければ
ならない。これは相当時間がかかる。

それにくらべ、転売ビジネスは、商品を仕入れれば、
とりあえず、ヤフオクなどで買うお客がいるので、売ることができる。

ヤフオクはアカウントを取得すれば、すくに売ることできる。

形のある商品があるという事は、値段はともかく、市場があるので
買う人を見つけることができるわけだ。

 

だが注意してほしいのは、

手っ取り早く稼げる可能性があると言っただけで、
簡単に稼げて、必ず大儲けできるとは言っていない。

 

売れば元気になることは間違えないが、利益になるとは
限らない。赤字だってある。

転売ビジネスはものすごく参加者が多いし、ヤフオクなどで誰しもが
売っているので、同じものを売れば

価格競争に巻き込まれる。

売れ筋商品はみんな見ているのである。買おうとしているお客は
値段の比較ができる、(もちろん値段だけではないのだが)

従っていかに安く仕入れるかが勝負になってくる。

仕入れる方法は、

・ヤフオクで売るなら、他のネットオークション等から仕入れる

・買取サイトを作って、サイト訪問者から買取る

・取引市場などで仕入れる

・販売店で買う

 

・他のネットオークション等から仕入れる

これはヤフオク関係の書籍などを読むと必ず出てくるもので、
別の市場で、うまく安く売っているのを仕入れ、価格差で
利益を取るものである。

 

実際は、みんなが見ているので、価格差などほとんどない。
そりゃそうでしょ、ネット上で掲載されているものだから、
容易に比較ができるから、価格差があったとしても、すぐに
同じような科価格になる。だからまず儲からない。

 

・買取サイトを作って、サイト訪問者から買取る

これは実際に中古品販売業者がよくやっていることだが、
買取サイトを立ち上げて、
買取のキーワードで来たユーザーから
買い取るというものである。

これができれば一番利幅が取れる。

 

買取サイトに売りに来る
お客は、即現金がほしい客である。だから少々安くても売るのである。

お客自身がヤフオクで売れば、もっと高く売れるじゃないか、
と思うかもしれない。
でもお客は売るためにアカウントを開き、写真を撮り、
宣伝文句を考えて載せるというかなり面倒な作業をやらなければならない。
買取業者にネットで売るほうが楽なんだ。

ただ買取サイトを立ち上げても、客は来ない。

狙っている商品のキーワードで上位表示させるか、PPC広告を打たなければ
ならず、どちらにせよ、手間とお金がかかるのである。

 

・取引市場などで仕入れる

取引市場とは専門業者だけがセリで仕入れられる場所だ。
利幅はある程度取れるが、

専門業者だけが取引できるので、
一般の人は無理である。

 

 

・販売店で買う

まず新品を買う場合、お店でまともに買ったら、当然ながら
赤字である。

特売などを狙うしかない。

中古品であれば、例えば、よく知られているのが、
ブックオフで書籍を買う方法だ。

ブックオフは高値の付く本も安い本も同じ金額で売られているから
高値で売れる本を探して、価格差で儲けるというもの。

ただこれも

既にセドラーが沢山いて、競争が激しくなっていて、
高く売れるものを探すのは困難だ。経験と情報が必要だろう。

 

いづれにせよ、とっつき易く、実際に商品を買って、すぐ売ることが
出来るから、ビジネスをやってる感が出るというのが特長だが、
重要なポイントである仕入れは、どの方法をとっても、
簡単なものではない。

当然ながら経験が必要だし、情報網を広げておく必要がある。

それから

ネットのオークションで売る場合、

 

売るためのセールスコピーのテクニックと、商品画像をうまく載せる
撮影テクニックが必要になってくる。

 

 

セールスコピーはほかのネットビジネスを行ううえでも
重用になってくる、外せないポイントだ。

これ一つで売れ方も変わってくる。

商品をきっちり説明するだけじゃ
足りず、買う気をそそるようなコピーが必要だ。

 

画像の写り映えも売れ行きを左右する。

 

照明の当て方、背景の設置など、撮影は難しく、面倒だ。

自分はこの撮影で挫折して、オークションの転売を挫折した。

これが苦にならないのであれば、転売ビジネスは
やってみる価値があるだろう。

 

写真の撮影が苦手なら、アフィリエイトのほうが
いいかもしれない。

アフィリエイトをやるべきかどうか、迷っている方へ

 

ホリエモンの演説 アフィリエイトで生き抜くためのヒント

日常

 

 

 

近畿大学でのホリエモンの演説はこれからの社会に出る
学生にとって、聞いておくべき、素晴らしい演説だったね。

はっきり言って、ライブドアの社長をしていた時
粉飾決算をして、株主を出し抜いた、罪深い人間としか
映っていなかったが、

ホリエモンの話す言葉には説得力があると認めざるを得ない。

ホリエモンが近畿大学で行ったスピーチの中で
「これは!」と思ったのがいくつかある。

これからの社会、大企業に勤めて、安定に給料をもらって
家族を持って、定年までいて、退職金をもらって、
老後を迎えるといった、普通の生活を手に入れられる人は
ほんの一握り。

大企業に勤めても、倒産、リストラ、合併など平気で起こる時代。
安泰でいられることは少ない。

なるほど、考えてみれば、一昔前、銀行は絶対につぶれない。
何故なら、銀行は政府が守るから。なんて言われていたが、
どうだろう。合併合併で無くなった銀行は数知れない。

どうすればいいか、
情報を収集して、自分で考え、自分で情報を発信しろ
と言ってたね。

それから、
過去の失敗を悔やんでも仕方ない。終わったことは忘れる、
未来のことは分からない。5年先に何が起こるなんて、誰にも
分からない。
だから、今やっていることに集中する。

 

これって、アフィリエイトにピッタリ当てはまることではないか。

情報をあらゆる方面から収集し、それらを自分の中でまとめて
理解し、それをもとに自らの発想で考え、
その考えのもとに、情報を発信し続ける。

 

昔は自ら考えなくとも、指示通りにやれば、そこそこ生きていけたかもしれない。
自ら情報を発信するなんて、一部の人たちのやることだったかもしれない。
そんなことしなくても十分暮していけた。

ところが

今の時代あらゆるビジネスが、このように、情報を収集、自ら考え、自ら
発信することが求められる。

ビジネスの形態が変革した。
アフィリエイトでやることが実はこれからのビジネス、マーケティングの
基本という事が言える。

 

過去の失敗にこだわらず、きっぱりと忘れ、未来を心配したり
しない、予測しない。 今あることに集中する。

これは初心者アフィリエイターは肝に銘じることだ。

アフィリエイトに限らず、ネットビジネスは結果が出るまで
長く大変。

果たして、本当に稼げるようになるだろうか?
と焦りがちで、今やっていることに不安が生がち。

しかし、

そういう未来のことは考えず、ひたすら、今やっていることに
集中する。

 

コピーライトが不味ければ、磨きをかける。

集客ができてなければ、コメント回りをする、ブログランキングを利用するなど
いろいろ工夫する。

常に工夫をし、改善し続ければ、おのずと結果が出てくる。

 

ブログのネタの探し方(とっておきの方法)

アフィリエイト

 

ブログのネタの探し方で困ってはいないだろうか?

ブログを毎日1000文字書くと言ったらどうだろう。

実際にアフィリエイターとして収益を得ている人の
大体はその程度か、それ以上書いている。

恐らく無理だよそんなのと思うだろう。

最初書きだしたときは書ける知れない。

でもそのうちネタが切れて、どうしようもなくなる。

そもそも「ネタ切れ」は自分の中にネタのストックが
全く無くなってしまったというケースは少ない。

引き出すきっかけがなくなったケースが非常に多い。

何かきっかけがあれば、「あっ、それそれ」という具合に
自分の中のものを引き出せることが多い。

ネタ切れを起こさないコツはないだろうか。

ある。

■絶えずネタを引き出す癖をつける

マラソン大会の練習をしているとき
もう息が切れて真っ青な顔をして走っていた。

苦しくて
「これ以上無理だ」
と思ったとき

トラックの中にいた先生から、
「息を吐くことに意識を向けろ」声をかけられた。

どういう事かというと、

走ってて、息が切れてしまうと、辛い。
その時息を吐くことに意識を向けると、吐いて
胚が縮んだ反動で、息を吸い込む力が強くなるということだ。
つまり自然と酸素が入り、比較的楽になる。

それと同じように、

常にアウトプットする癖をつけておくと
自然とインプットができてくる。

 

例えば夜に記事を書くとしよう。
普段は本業がある人も、学生の人も、主婦の人も、
自分が日中に何かに没頭しているときも、

 

アウトプットをし続けていれば、書くネタが出てきやすい。

 

自分の仕事でお客さんとのやり取りの中でも
書くネタのヒントは出てくるはずだ。

一つ自分の例を挙げてみる

見込み客を訪問した時に
価格にこだわりすぎて、新規の注文を
ライバルに奪われたという、失敗があった時に、
直ぐにネタが思い浮かんだ。

 

お客さんは常に価格を重視していると勝手な思い込みを
している。

実際は、商品価値に見合った価格を受け入れる。

だから商品価値を正確に伝える提案力が必要

 

というような大まかな筋が描け、
題名も、「高額商品を売るには」的な表現が浮かぶ。

それらをメモしておいて、いざ書き込むときは、ちゃんと
調べたり、して精査する。

 

■他人の書いた記事を参考にする

メルマガを複数登録し、定期購読をする。

これはとても重宝。

複数登録しておけば、1日10,20のメルマガは届く、
その中でお気に入りのメルマガをチェックすしておけば、
ネタに困らない。

もし「youtubeを使った集客の仕方」というのがあれば、
その文章を一旦読む。そして内容を把握するまで、繰り返し
読む。
それを見ずに、頭に浮かべたものを書けば、そっくりの文章に
なることはない。

 

また他のメルマガの内容を組み合わせたりして、オリジナルの
ものを作り上げる。

以上まとめると

■絶えずネタを引き出す癖をつける
■他人の書いた記事を参考にする

という事になる。

せっかく思いついても、なかなか内容が
続けられないときがある。

そんな時は、

題名と書き出しだけを決めて、
下書きとして残しておく。

 

そして何か他の記事を読んだとき、或は自分で
思い浮かべて、内容が書けそうなときに
引っ張り出す。

そういうストックをたくさん作っておくと便利だ。

 

 

毎日書いて、量産するのが記事であれば、ブログに
1回記せばいいのがプロフィール。

プロフィールは何度も見られる可能性があるところ。
ここは何度も修正して、完成度の高いものに
してほしい。

プロフィールに関しては以下に進んで読んでみて。

プロフィールは、ブログアフィリエイトの心臓

読まれるブログ記事を書いて大量アクセスを稼ぐ方法

日常

読まれるブログ記事を書くにはどうしたらいいか

「実績がないから読まれない」

と思いがちだ。

自分も、先輩アフィリエイターにそのことを
聞いたことがある。

その時言っていたのが、
誰しもが、最初は実績がない、
それでも、ブログが面白ければアクセスは稼げる。

と言われた。

面白いブログとは何だ?

アフィリエイターが書いているブログが氾濫している
中で、

「おっ、これは」と思わせて読む気に
させるにはどうしたらいいんだろうか?

■個性化

一つは、ブログに個性を出して
差別化を図る。

ブログの個性は、何も記事だけではない。

ブログのヘッダーの画像や、アバター画像
を凝ったものにする。

プロフィール画像、プロフィール記事など
もっとも個性が出しやすいところだ。

ここは、誰一人として同じバックグランドがないはず。
自分のバックグランドを恥ずかしいぶ部分も包み隠さず
ありのままに書く。

もちろん書き方も重要だ。

同じ事実でも、書き方によって伝わり方が違う。

 

 

■臨場感

臨場感を出す。

説明的な文章だとつまらない。

わざわざ時間を割いて読むのだから、淡々とした
文章だとあくびが出てしまう。

ここは物語を読ませるように
感情をむき出した文章にする。

「」を使って話し言葉をいれるのもいい。

「キラキラ」「ダラダラ」などの擬態語、
「パキッ」「ボーン」などの擬音語を入れる。

文章のスペースの開け方に変化を与える、赤、下線などをつけて
強弱をつけることも重用だ。

 

■心を込める

心を込めて書くこと。

ただ1回だけなら、誰でも気合を入れて書くことは
容易だろう。

だが毎日、毎日、大量の記事を書いていると、
「たまには」と流してしまいがち。

そこは辛いだろうが、心を込めて、例え読んでくれる人が、
1人でも、その人の役に立てる、というつもりで書く。

よく企業が出すメルマガで、間の抜けたメルマガを
出すのを見かける。

「休日に○○に行ってきました」
とかいうような、

だから? と突っ込みたくなるようなメルマガだ。

手を抜いては決していけない。

 

■独りよがりにならない

これはかなり重要。

いくら面白いブログを作ったつもりでも、読み手が
つまらないと思ったら、意味がない。

実はこれが意外に陥りがち。

自分では「これはいける」と思っても、果たして
他人が見た時はどうだろうか?

実は自分にもこんな例がある。

法律事務所のウェブサイトの制作の時、
自分としては、完璧のつもりで制作したんだが。

自画自賛で、数々の斬新な技法を使って、
カッコよくて、見栄えがいい。

提出して、きっとお客さんも驚いるだろうと
思ってた。

しかし、
第一声が、

「はっきり言って、他のライバルサイトに比べ
安っぽく、見劣りがする。デザインは気に入らない」

と、まるで仲が良い恋人に突然裏切られ、別に
人と付き合うからと別れを告げられるような、
衝撃的なもだった。

お客さんの求めていたものは、ざん新なものではなく
もっとシンプルで、格調が高い、硬いサイトであった。

全てはやり直し、というお粗末なものだった。

これは飛んだ思い込みである。

このようにブログでも、

自分ではなかなか客観的な見方はできない。

そういう場合は、人に見てもらう。

先輩アフィリエイターにチェックしてもらうなどが
必要になってくる。

 

ではどういうアフィリエイターに指導受けるのが
いいかは以下を参考にしてほしい。

 

アフィリエイト指導はどんな人から受けるのがいいのか?

高額商品を売る簡単な方法 知らないと損をする「思い込みの恐ろしさ」

アフィリエイト

 高額商品を売るというのは、最初はなかなか
厳しいものだろう。

フロント商品を売り込んだお客さんに
高いバックエンド商品を売り込むんだけど、
なかなか売り込めなくて、

なんてことは結構ないだろうか?

その前にフロントエンド商品、バックエンド商品
そもそも知らない人に説明しておく。

フロントエンド商品とは、簡単にいうと
集客を目的とした商品で、一般的には買いやすい
値段、あるいは無料の商品

反対にバックエンド商品とは、利益を上げるための
商品

フロント商品は売り込みやすいだろう、なぜなら
通常安いか、無料だからお客さんも手が付けやすいし、
売る側も心理的に売りやすい。

でもバックエンド商品は通常利幅の大きい高額商品
だから、売る側も心理的にはハードルが高い。

1万ぐらいの商品を購入したお客さんに
いくらするの?と聞かれて

「100万円です」とはなかなか言いづらい。

実は自分もこんな経験がある。

ウェブ制作で、お客さんに呼ばれて
お客さんのお店まで出向いたんだ。

小さなハンコ屋のお店で、
扱っている商品は安いものだと100円以下
高いのでも売れるのは3000円ぐらい。

今度高額商品のショッピングサイトを作りたい
という事なので、一通り説明した。
最後に見積金額を大体ところ聞かれたので、

相手の表情を見ながら、店の大きさをを
考えて、
「基本は20万円です。」
と答えた。

すると相手は相槌を打たず、何も言わなかったので、

「これはまずい、高すぎたか」

と勝手に思い込み、

「ですが、○○さんには特別 基本15万円に
しておきます」

と言ってしまった!

そのお店はもう1社に見積もりを取っていた。

結果は、そのもう1社が受注することになった。

ショックだったのは、
そのもう1社は、こちらよりまだ安い金額を提示したのかと
思いきや

聞いたところによると、100万円以上だった。

 

「そんな!」

 

悔しくてしょうがなかった。
結局そのお客さんは、価格を重視していたわけでなく、
提案の内容だった。

提案力さえあれば、金額が高くても受注できたわけだ。

このようにお客さんは必ずしも価格だけに
こだわっているわけではない。
価値あるものをきちんと伝えれば、お客さんは
価格が高くても買ってくれる。

価格が安くなければ売れないというのは錯覚だ。

アフィリエイトをやるうえでも、このことは
重要である。

どうしても、初心者は高いものを売ることに
抵抗を感じる。

「きっと高いと思われてるのでは」とビビる。

継続して買ってもらうのもためらう。

勝手に相手の財布の心配をしてしまうのだ。

もちろん価値のないものを高く売ろうとしても
売れるわけはない。

偶然売れることもあるが、レピートはない。

本当に価値あるものを、その価値が正しく
伝わる、提案力があれば、お客さんは価格に関係なく
買ってくれる。

 

結論として

 

・高額商品を売る場合、その価値をうまく伝える
ことに注力する。

・お客さんは価格だけをみているわけではない
価値に見合った価格なら、買ってくれることを
忘れないこと。

こちらもお客さんに物を売る場合参考になるので
見てほしい。

お金は感情で動く

老後心配なこと、お金に困らない最適な方法

アフィリエイト

老後心配なことと聞かれたら、

やはりお金が一番でしょう。
若いうちはお金が無くなれば、アルバイトでもなんでも
すればいいけど、

老人になればそう簡単には働けない。

高度成長期の時代だったら、サラリーマンで
まじめにコツコツ働ければ、退職後は十分な退職金をもらえ、
年金だって沢山もらえたから、死ぬまで何の
心配もいらなかった。

ところがこれからはどうだろう、
積み立てた年金は、もらえるかどうかわからない。
既に、自分なんかのおやじの世代は、年金は随分減っている
そうだ。

退職金だってわかりはしない。高度成長期の時は
例え窓際族になったとしても、首にならずに
退職を迎えることができた。

今はどうだ。

大手企業だって、リストラ、早期退職募集と
最後までいられるかどうか分からない。

まして中小企業なんて、退職金だって出ないところもある。

そんな世の中で老後を迎えるのは、ひたすら
恐怖なのではなかろうか?

先日うちの女房が突然、

「急に連絡が来て、おじさんが危篤状態だから
横須賀まで遠いけど、明日朝早く見舞いに行ってくる」

と言い出した。

おじさんとは、女房の父親の弟で、年は70歳。
昔結婚して、子供も2人いたそうだが、
若いうちから離婚して、子供は奥さん側に
引き取られた。

何が原因だか分からない、相当子供たちは
愛想をつかしており、離婚後一度も会ったことが
ないそうだ。

そのおじさんは子供たちに会いたがっていたが、
子供は拒絶して、そのうち消息も分からなくなったそうだ。

身寄りもなく、知り合いのところで、パートで働いて
極貧の生活をしていたということだ。

しばらく音沙汰がなかったと思ったら、
急に連絡が来て、癌で危篤状態という状況になっていた。

雇っている知り合いが、その状況を知らせるため
連絡先を探していたら、手帳にたった1行だけ
連絡先が書かれていた。

それが女房の電話番号だ。

なんとも寂しいことだ。

その知り合いがおじさんの貯金通帳を見せてくれた。
残高が100万円と記してあった。

これは、おじさんが自分の葬儀のために
と、なけなしの収入からちびちび貯めたお金だ。
迷惑かけないようにという事だろう。

これを聞いたときは目頭が熱くなった。

かわいそうでたまんなかったね。

老人で身寄りもない、おそらく粗末な食事と
住むところだけを確保して暮らして、
いよいよ死を迎えるための準備として
100万円をコツコツと貯めたていたのだ。

これは他人ごとではない。

年金も出るかどうかわからない、
経済成長も見込めない、これからの日本

あなたが、このおじさんのようにならないとも限らない。

大企業で十分な退職金を得られる、
会社を作って、成功し資産を残すならいいが、
ほとんどの人がそういう恵まれた状況にないだろう。

ここで必要になってくるのは、とにもかくにも
お金。

年をとっても、足腰が動けなくなっても
稼ぐ必要がある。

どうやって稼ぐか。

・年に関係なく出来る
・能力に関係なくできる

とすると、ネットを使ったアフィリエイトビジネスが当てはまる。

アフィリエイトビジネスは、
足腰が悪くなっても、家でパソコンの前で作業するだけなので、
いくら年をとってもできる。

また、板前、建築士、司法書士、会計士のように
特殊な技術、資格が必要であるわけではない。

普通の主婦でも活躍している人がいるので、

アフィリエイトは能力に関係ない。

 

もちろん、技術が全く必要なく、誰でも、
簡単な作業で出来る代物ではない。

だが、

方向性が間違えなく、努力すれば
間違えなく、老後になっても安定的
収益をもたらすビジネスである。

ではアフィリエイトをやるとして
何から始めたらいいかは以下を参考にしてほしい。

初めてアフィリエイトを始める人は、何から、どういう順序で始めるのか

独立して成功するには、まずは自分の頭で考えないこと

日常

 

独立して、自分でなにか画期的なビジネスを考えて
世に出して、成功して、巨万の富を築こう。

なんて考えていないだろうか?

何を隠そう、自分自身がいつもサラリーマン時代に
思い描いていたことだ。

将来はビルゲイツ、スティーブジョブス、孫正義まで
いかなくとも、笠原健治(ミクシーの創始者)のように
一発当ててやろうって。

それで、なにか画期的なアイデアはないかと
日々考えてたね。

でもいざ独立してみると、結局は画期的なアイデアなど
見つからず、やっていることは、ホームページの制作なので
思いっきりありきたりのビジネス。

ブルーオーシャン、レッドオーシャンで言うところの
レッドオーシャンにどっぷり浸かっていた。

ネットで
「自分の頭で考えるなんてやめたほうがいい」という研究者の話が
載っていた。

以下はその引用だ。

********************************************
「自分の頭で考えなさい、ってよく言うじゃない,、あれ、嫌いなんですよ。」

著名な研究者の彼はそう言った。

「そうですね、若い研究者や学生にありがちなんですが、
よく調べもしないで、「私はこう思った」って言うんですよね。」

「なるほど」

「そんなこと、とうの昔に他の人が考えていて、
「もうそんな研究は山ほどあるよ」っていっても、
自説にこだわるんです。もう、
そういう奴は「バカ」って呼んでいいと思いますね。」

「では、学生にどういう指導をすべきなのですか?」

「自分の頭で考えよう、ではなく、
自分がバカであることを認識しよう、のほうが、はるかにいいね。
本を読み、調べ物をし、人の考えを知る。それは、
「自分が何を知らないか」を知るためです。
こんなこと、研究者だったら知ってて当たり前ですよ。」

「…。」

「いいですか、そもそも我々にとっては、
「知っていること」よりも、「知らないこと」のほうがはるかに重要なんです。
私はまだこれについて知らない、私はこれについて意見を持てない、
そういう認識が、我々を高める。

多様な見方を取り込もうと努力することにつながる。」

「ふーむ。」

「それなのに、「自分の頭で考えよう」なんて、バカのやることです。でなきゃ、
「自分を賢く見せようとしてるだけの安っぽい人間」ですね。」

「そうでしょう?

マネがきちんと出来るようになって、一人前になる。
さらにそれから上を目指すときに、今までの知識を整理して「これはできるか」、
「あれは可能か」を検証する。それには意味がある。
自分の頭で考えるのは、そこからですよ。」

********************************************
ここまでが引用だが、これは理に適っているね。

先ほども言ったように、自分も
「唯我独尊」的な人間だったね。

自分が何か、発想がよくて
アイデアを生み、それに基づき行動ができ、
結果が出ると思ってた。

本気で。

だから、人に教えてもらうなんてことはしなかった。

でも全然浮かびやしない。

結局既存のビジネスをやるしかなかった。

そんな調子だから、
アフィリエイトをやる時も、まず調べて
メルマガを購読して、人から盗み取ってどうにか
しようと思ってた。

調べているうちに「コピーライティング」の
大切さを知るようになったんだけど、
自分はコピーライティングスキルがあるから、
問題ないとマジで思ってた。

でも結局遠回りして、やっと気づいて
お金を払って、先輩アフィリエイターの教材を買ったね。

そしてサポートを受けて衝撃的だったのは、

自分のコピーライティングのスキルなど
お話にならなかったということ。

それに、自分はアフィリエイトを研究しているつもりで、
何も知らないに等しかったということ。

頭を金槌で打たれたような思いだ。

やはり先に成果を上げている、アフィリエイターはそれだけの
情報、知識は持っているわけだ。

自分で探ってやろうとしても、やることが
「唯我独尊」になってしまうんだね。

自分より他人のほうがよく知っている、他人のほうが
いいアイデアを持っている。

ということを肝に銘じたほうがいいと思ったね。

最初はいいアフィリエイターから学び、
そっくりまねる事がいい。

そっくりまねる事でさえ、難しいことがわかる。

自分で考える、つまりオリジナルティを出すのは
のは徹底して結果の出ているアフィリエイターから
学び実践してからだ。

 

では具体的にどんなアフィリエイターから学んだらいいのか
以下を読んでもらいたい。

アフィリエイト指導はどんな人から受けるのがいいのか?

旦那がパチンコ店に勤めていて、失業するかもしれないという恐怖から解放する方法

アフィリエイト

 

昨日4月15日衝撃のニュースが飛び込んできたね。

「遊技機メーカー 奥村遊機破産」

パチンコにあまりなじみのない人は分からない
かもしれないが、

奥村遊戯と言えば、往年の銘機「弥次喜多珍道中」
最近では「うる星やつら」を生み出した、
老舗のパチンコ機メーカーだ。

それが倒産するとは夢にも思わなかった。

原因は、パチンコ市場そのものが縮小しているのと、
メーカー同士の生き残りをかけての競争が激化したことに
よるらしい。

実は自分は、十数年前パチンコ業界に
携わったことがあるからよく知っている。

同じ中堅パチンコメーカー、マルホンも民事再生中。

かつて30兆円の市場規模だったパチンコ業界も、
相次ぐ規制強化と遊戯人口の減少も伴って、
20兆円を下回るまでに凋落。

 

規制はどんどん厳しくなり、今年の10月には
更に厳しい規制が待っているようだ。

 

パチンコホールもピーク時には1万7千件あったのが、
去年には1万件にまで減ってしまった。

パチンコホール大手などは、先細りに危機感を抱き
なりふり構わず異業種参入を試みているようだ。

 

大手に勤めている人なら、会社が異業種参入していくので
それに乗っかればいいかもしれないが、中小はおいそれとは
行かないね。

だから

もしあなたが、中小のパチンコホールなどに勤めている人ならば
将来への漠然とした不安を抱えながらいるのではないかな。

アルバイトなら、まだしも、ある程度
熟練で、それなりに地位もある主任や、店長といった
レベルなら、なおさら不安を抱えるかも知れない。

何故なら、

ふつうそんなレベルの人たちは、結構長い間
パチンコ業界にどっぷりつかっているわけだ。

そうすると、

パチンコ業界の経験というのが、
特殊すぎて、他ではつぶしが利かない。
他では役に立たないということだ。

それにパチンコ業界は必死にイメージアップに努め、
マルハンなど大手は接客に力を入れて、パチンコ店の
地位向上に努力したけど、

いまだイメージが悪い。

だから業界以外の再就職は難しいだろう。

もちろん、給料が低くてもなんでもやるということなら
別だが、

パチンコ業界そのものの平均給与は
一般の企業に比べて高いから、そうはいかんでしょう。

もう一度いうと、
パチンコ業界である程度の地位にいた人が、
他業種に移るのは、

 

・今までの経験が特殊すぎて活かしにくい。
・イメージが悪い。
・元々の給料が高いから、その給料で雇うところは
なかなかない。

 

という理由から、困難だろう。

じゃあ、どうする?

 

・バックグラウンドがなんであろと関係ない。
・前職のイメージも関係ない。
・給料の上限がない。

 

という条件が必要になってくるだろう。

そうすると、

アフィリエイトビジネスが当てはまる。

アフィリエイトはいろんなバックグランドの人が
実施している。
前職の経験、前職のイメージは全く関係なく取り組める。
稼げる金額は自分次第で、上限はない。
実は、平賀正彦、田渕隆茂といった
桁外れの額を稼いでいる
情報企業家もパチンコ業界出身である。

そのほかにも結構いる。
田渕氏に、聞いたことがあるが

「パチンコ業界って世間一般には
認められていない、イメージが悪い
というのがあるから、他のことがやりにくい。
だからネットビジネスというのに集中する傾向がある」
と言っていた。

入ってくる金額はというと、実際に数千万から
数億稼いでいる人もいる。

ただ

だからと言って、簡単に直ぐ始められ、
簡単に稼げるわけではない。

それなりに準備が必要だし、スキルは
磨かなければならない。

一番最初に身に着け、絶対に
必要になってくるスキルはコピーライティングだ。

初心者がアフィリエイトに取り組むには
どうしたらいいか、以下を参考にしてほしい。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >