アフィリエイトのサイト
アフィリエイト
ウィッシュボンアフィリエイトjへようこそ
ようこそ、ウィッシュボン アフィリエイトのサイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。このサイトは アフィリエイトを実践する人のために、いろいろ支援するサイトです。

個人事業で、ウェブサイト制作をやっております。 いろんな苦難を乗り越えて、アフィリエイトに辿り着きました。

会社を経営していく上でも欠かせない、情報発信ビジネスの基本から応用まで、  私が今までに学び、身につけてきた有益な情報を、日々発信していきます。
後発アフィリエイト初心者が稼ぐには

アフィリエイトの現状

アフィリエイトって言われて、何か分からない人は多分いないでしょう。 でもまだ漠然として、はっきり分かっていない人は、 こちらへどうぞ

アフィリエイトの始め方

アフィリエイト初心者の方は、実は何から始めたらいいか、分からないでしょう。こちらへどうぞ

ASPの登録方法と使い方

アフィリエイトで収益を上げるには、アフィリエイトする広告を貼るため、ASPに登録する必要がある。

アフィリエイトの注意点

アフィリエイトをやるうえで、初心者が陥りがちな誤り、やってはいけないこと、やっていいことを知りたい方は、こちらへどうぞ

アフィリエイトサイトの作り方

無料ブログで始めるというのも悪くはないが、無料という以外デメリットが多い。せっかくやるなら独自ドメインでオリジナルサイト、ブログを作ろう。

集客の方法

アクセスアップの方法はいろいろ、SEOやリスティング、TwitterやFacebookなどのSNS、ソーシャルブックマークやブログランキングなど。詳しくはこちらへどうぞ

収益を上げるには

アフィリエイトで収益を上げるには、ブログ、サイト、メルマガ、ステップメールを使用するなど、手順を追ってやることがある。詳しくはこちらをどうぞ

最新記事のご紹介

アフィリエイト 初心者 の悩み、どうやったらいいの?

アフィリエイト

アフィリエイト 初心者 の悩み、どうやったらいいの?という人は多いだろう。

その人達のために説明しよう。

 

 

■成功者を真似る

アフィリエイト初心者が、まず何をやるべきか?

稼いでるアフィリエイターのサイトの外観、構成
書いている記事、メルマガなどを徹底的に真似ることだ。

真似ると言っても、そのままパクることじゃない

一字一句同じだったら、それは著作権違反になるからね。

パクリストの佐野ではだめ、

本質的なところ、その内容のエッセンスを真似る。

どこまで真似ればいい?

そのアフィリエイターのやり方に疑問を持つまで。

 

そこでうまく表現した最適な言葉が「守破離」だ。

守 = 師匠の型を守って修行する
破 = 師匠から習ったことを自分流にアレンジする
離 = 修行の成果を踏まえ乗り越えて、新しい技を会得する

 

最初は、自分が師事しようと決めた、アフィリエイター、教材を、疑問を持たずに真似るんだ。

そのうち慣れてくると、他のアフィリエイターのサイト、メルマガなどを参考にしながら、アレンジして徐々に自分というものを出してゆく。

 

そうして、成長してくると、やがて、師事したアフィリエイターの良い点、悪い点が浮かび上がってくる。

自分なりにそれを越えて、新しいものを創造するんだ。

 

 

■ 誰に師事する?

では、問題になってくるのは、誰に師事したらいいの? どこでみつけるの?

もちろん最初から身近にいて、連絡が取れれば、ベストだけど、
そんな機会に恵まれている人なんかほとんどいないね。

じゃあ、どう探すの?

そんな難しくない。

ビッグキーワード、ミドルキーワードで検索エンジン上位表示しているアフィリエイトサイトを研究したり、そのサイトが発行するメルマガに登録する。

物販アフィリエイトであれば、

・キーワード「キャッシング」
・キーワード「ダイエット サプリ」
・キーワード「中古車 査定」

情報系アフィリエイトであれば、

・キーワード「アフィリエイト」
・キーワード「ゴルフ 上達」
・キーワード「FX 」

などなど。

このようなキーワードで上位表示しているサイトは、
間違いなく大きな金額を稼いでいる。

このようなキーワードで上位表示するということは、
上位表示させるまでの期間に相当な、血と汗を流しているはず。

だから学ぶことは多いでしょ。

上位表示されているアフィリエイターは、それぞれ個性を持っていて、
この個性も十人十色だから、それぞれのやり方を真似るといいね。

 

 

■上位サイトの共通点

でも、そのアフィリエイターのサイトをよく見ると、共通点が
浮かび上がってくるんだ。

ということは、

その共通点というのは、必須項目ということになるね

そこを外すと、箸にも棒にもかからないというわけだ。

では挙げてみる。

・ブログのような簡単なものでなく、ちゃっちくないサイトの外観を持っている
・中身はすべてオリジナルのコンテンツ
・きちんとカテゴリー別に分けるなど、サイト内が整理されている
・継続的に更新されている
・情報量が多い
・コピーライティング力がある。

最後のコピーライティング力がある、というのはどう判断するかというと、思わず読みいってしまったかどうかで判断する。

以上、例を上げたけど、

最低限は守らなければならないものだと思ってほしい。
その上で個性を出し勝負するわけだ。

ぜひやってみよう。

アフィリエイト 競争に埋もれないためのユニーク性の出し方

アフィリエイト

アフィリエイト 競争に埋もれないためのユニーク性の出し方を説明しよう。

別にアフィリエイトにかぎらず、あらゆるビジネスにおいて、ユニーク性というのは
、あたりまえだけど、欠かせないね。

「そんなの分かってら、でもどうやってユニーク性を出すんだ! なんの特徴もないし」

実はそう思っているのはあなただけではない。

世の中のありとあらゆる業種の大勢の人が同じ問題を抱えているんだ。

昔と違って、

あらゆるものが、コモディティ化しているからだ。

コモディティ化って?

一応定義は、、クオリティ、デザインなどの競争における差別化がなくなり、消費者からすると、
どの商品サービスを購入しても同じということ。

インターネットの普及が拍車をかけているんだね。

どこで買っても同じものが手に入る。

売る側にとっても差別化が図れなくしんどくなっているわけだ。

そういう中で、どうやってユニーク性をもたせるか?

話を広げ過ぎるとややこしくなる、このサイトはアフィリエイト
のサイトなので、アフィリエイトに絞った話をしよう。

物販アフィリエイトであれば、まだ取り上げる商材である程度差別化を
図ることができる。

情報アフィリエイト特に稼ぐ系なども、ネットビジネスの手法やFX関連の商材など
ジャンルがあるけど、

問題は、お客様は買うまで中身がわからないので、購入前の商品サービスのユニーク性を発揮しづらいんだね。

そういう意味では、非常に難易度が高い分野だといえる。

ではどうするか。

 

■ それぞれのバックグラウンドを活かす

 

仮に同じ情報商材Sを取り扱うA,Bというサイト運営者がいるとする。

もちろん情報商材Sのレビューはほとんど同じ、アフィリエイトの教育に関するノウハウも
似たり寄ったりで、文章のレベルは同じと仮定しよう。

だけど、A,B は個性を持っている。

Aは、元高校教師で国語を教えいていた。 Bは経営者で弁当屋を経営している

人の歩んできた道はそれぞれ違うわけだ。

バックグラウンドが違うということは、それだけユニーク性があるということなだ。

例えば、Aは国語の教師という観点から、コピーライティングのノウハウを
書けば、他の者と同じことを仮に書いても、食いつきが断然違う。

国語教師というユニーク性、ブランド力があるからだ。

Bは実店舗の経営をいしている観点から、同じネットビジネス手法を書いても、
あらゆる視点から書けるので、人じ違う。

「そんなこと言ったって、俺はただのコンビニのアルバイトだ、A,Bのような特徴はない」
というかもしれない。

何言ってるの、コンビニのアルバイトこそ面白いことが書ける。

お客様の行動。、営業中気づいたこと、あらゆるものが盛り込める。

「主婦なんですけど」

別に内容に盛り込めるだけが、ユニーク性じゃない。

主婦でよくここまでやっているな、忙しい主婦でもできるんだ、と思わせれば、それだけでユニーク性だ。

自分のやってきたことを振り返ってみるのも面白い。

その辺をうまくストーリにしてプロフィールに書き込むのも手である。

小手先のテクニックでは、文章の書き方、色使い、間の開け方、サイトのヘッダーを特徴づける配色なども特徴的にするなど、あるけど、

やはり、自分のバックグラウンドをうまく使うのが大きい。

自分の職業、生活を一度棚卸しして、サイトなり、ブログのユニーク性をつけるようにしてみよう。

以上、競争に埋もれないためのユニーク性の出し方を説明したけど、
インターネットで稼ぐには、
インターネットユーザーが辿る、 大まかな「消費行動プロセス」を把握することも大事。

それは以下で説明しているので、参考にしてみてほしい。

ネットで稼ぐために知っておくべき 消費者行動

アフィリエイト

ネットで稼ぐために知っておくべき 消費者行動を説明しよう。

突然、あなたの顔の大きな「おでき」のようなものができたとしよう。
それは非常に痛い。

そこで、

その「おでき」が何なのかを調べようと思った。

そこで家のパソコンを使って、
「おでき」について検索をする。

すると、いろんなに「おでき」ついて解説しているサイト
が検索結果に出てきて
あなたは、その中の一つのサイトに辿り着く。

そのサイトでは、色んな「おでき」の特徴や症状、
治療法などを簡単に解説している。

自分の顔の「おでき」の特徴や症状にあったものを
探す。

すると、めでたく、その症状とほぼ同じ病名が見つかった。

ここでは、そのおできを仮にAという病名としておく。

病名がAと分かれば、更にAについて、詳しい情報をネットで調べる。

そうすると、更に詳しいサイトに辿り着く。

そのサイトでは、Aの病気の詳細情報と治療法が
載ってある。

そこで最良の治療法が、Iであることが分かった。

次にあなたは、治療法Iについて、
今度はネットで検索する。

すると、治療法Iの情報サイトが見つかった。

その情報サイトでは、治療法Iを実施している全国の病院が紹介されてい、
ランキングが掲載されている。

そこで、G病院が、上位にいて、最も近いので、G病院で治療を受けることにした。

 

これが、インターネットユーザーが辿る、
大まかな「消費行動プロセス」

 

この例え話から、分かることが3点ある。

 

(1)人は直ちに商品・サービスを購入しない

(2)既に自分が買うべきものを理解しているユーザーを集める事が大事

(3)検索してきたユーザーのニーズにコンテンツを合わせる

 

(1)の「人は直ちに商品・サービスを購入しない」
は説明は不要でしょ。

出来たおできが何なのか知らないうちから、
G病院に行って治療を受けようなんて人はいないね。

人は最初から何を買うべきかを知っている訳ではない

これは非常に重要なこと。

 

 

(2)既に自分が買うべきものを理解しているユーザーを集める事が大事

なんの病気なのかわかっていない段階の人に、治療法Iを実施しているG病院を
紹介しても、乗ってくる人はいないでしょう。

また病名が特定できた人でも、治療法Iを知らなければ、G病院は勧めても
行く人はいないでしょう。

そうすると治療法Iを説明しなければならないでしょ。

もし治療法Iを知っているユーザーなら容易にG病院を紹介できる。

だから、

どの段階のユーザーをターゲットにするかによって、売る難易度が違っくるわけだ。

そこは理解しておく必要がある。

 

 

(3)検索してきたユーザーのニーズにコンテンツを合わせる

これは(2)を理解すれば、わかるだろう。

検索ユーザーのニーズによって、ユーザーにとっての有益な情報が、
異なるということだ。

おできがなんの病気かわからないユーザーには、その症状と特徴の
情報を与える。

病名がわかっているユーザーには、治療法の情報を与える。

治療法もわかっているユーザーには、病院の情報を与える。

 

見込み客に欲しい物を欲しい時に与えてあげる

 

それが、ビジネスの鉄則なんだね。

この3つのポイント、言われれば当たり前だ、ということになるかもしれない。

けど、

実際はこれができていない人が多い。

実践となると意外とポイントを外すんだね。

だから、この3つを頭に叩き入れて、コンテンツを作ろう。

萩原りょうの「スマホを3分スリスリして月収700万稼ぐ」は嘘じゃない?

レビュー

萩原りょうという人物の「スマホを3分スリスリして月収700万稼ぐ」というタイトルの無料セミナーを検証してみよう。

『今回のオファーは僕が「月収700万円以上を安定的に稼いでいる」
ビジネスをあなたにご紹介するモノだということです。

しかし、ただのビジネスではありません。
平日のみの1日3分未満の作業だけで「ある市場」から稼ぐことができる、
いままでに750人以上の一般の方の実践者が成功してきたビジネス手法です。』
という触れ込み。

「1日1回3分の簡単作業のみで、月収400万円稼げる禁断の手法、次世代投資法」だって。

 

内容は、日経225先物取引のノウハウで稼ぐというもので、279,000円もするものだ。

 

ビデオではベンツのSクラスに乗って登場するけど、わナンバーだったら笑っちゃうね。もちろんナンバーにはぼかしが入れてある。

 

さて、本題に入るけど、

先物で、1日1回3分の簡単作業のみで、月収400万円稼げると言うのは可能なのか?

 

結論から言うと不可能ではない。

 

自分も先物ではないけど、現物株で1ヶ月400万稼いだことが
マジである。

まして、レバレッジの効く(自分のお金を証拠金として預け入れること で、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できる)

先物であれば、もっと簡単に稼げる。

 

「へえ~ じゃあ、その萩原りょうのノウハウで実際に稼げるわけだ」

いや、そんなことは言っていない。

 

1ヶ月400万稼げる可能性があると、あくまで可能性で言っているんだよ。

仮に今月400万稼げたとして、来月も再来月も稼げるかというと
その保証はない。

むしろ損をして、稼いだ400万が吹っ飛ぶか、元本がなくなるか、
そういう可能性のほうが高い。

仮に今月400万稼げたとしてだよ、普通はしょっぱなから損をすることの方が多い。

彼の言うように、もし「毎月毎月安定して利益を出すことができる手法」
であるならば、なぜ人に教えるのか?

必要ないでしょ。

仮に稼いでいるのが本当だとしても、安定的ではない。
いつか大やられする、それが相場だ。

相場の世界で絶対なんて、絶対ありえないからね。

だから、そのノウハウ(本当にノウハウと呼べるものかどうかは不明だが)を
売るほうが、安定的に儲かる。

つまり、「毎月毎月安定して利益を出すことができる」のは
あなたでなく、彼だということだ。

萩原りょうの言っているノウハウが、アメリカのヘッジファイド
より、優秀な機関投資家より、優れたソフトによる自動売買より
優れているというのはありえない。

今上げたプレーヤーでさえ、大損する時があるんだよ。

先物の怖い話をしよう。

もし自分の思惑と違って逆に相場が行ってしまった場合、

例えば、下がると判断して、日経225を昨日(2015年9月8日)
の引け間際で売ったとしよう。
今日(2015年9月9日)株価が急反発して、1300円以上
上がってしまった。
1枚買って、1000倍だから、130万の損というわけだ。

一瞬読み違えただけで、大損だ。

「そんなの利益が出るまで放っておけばいいじゃん。」

ノンノン

ある程度読みが外れて、逆に行ったら、

追証(追加で担保の差入れ)が発生する。

預けている証拠金の積み増しだ。

これに耐えられず、みんな売ってしまうんだ。

耐えられたとしても、一定期限が来たら売らなればならない
(本当は反対売買という)

わからない人は、先物、追証でググれば出てくるよ。

ここではその勉強ではないので省略するけど、

要は、思惑が外れたら、9回勝って利益が出ても、1回の負けで
利益どころか持ち金が吹っ飛びかねないのが、先物だっていうこと。

彼の言う、「儲かる」はあながち嘘ではない、でも「安定」
は大嘘だ。詐欺と言ってもいい、注意しよう。

売れる サイト の構成とその中身の見せ方

アフィリエイト

売れる サイト の構成とその中身の見せ方を説明しよう。

 

■ インパクトあるヘッダー

最近の物販系のアフィリエイトサイトは、法人のサイトかと思わせるほど、
完成度が高い。

物販アフィリエイトサイトなら配色とか
構成なども考えなければならないんだね。

情報系特に稼ぐ系はそこまで凝らなくてもいい。
もちろん、ちゃちくてはダメだけど、これから数年後もそこまで凝ってないだろう。
理由は見る人がそこまで必要としていないように見える。
綺麗であることより、インパクトがある方が大事。
マンガの顔をのせる(出せるなら実写でもいい)、衝撃のあるキャッチフレーズなどが必要。

 

■ 重要なものほど左上へ

飲食店やスーパーのチラシなどは、よくZ型に見ると言われるね。
つまり、左上から見て、右上に行き、そこから斜め左下に降りて
また右に行く。

だけど、

ウェブサイトの場合、はよくF型と言われるんだ。
左上から見て、右上に行き、そこから左に戻り、上下して
また一段下の右に、というのを繰り返す。

これはナビゲーションが横に並んでいる型が多いのと
左サイドバーがある場合だろう。
逆に右サイバーなら逆F型になる。

ただ

人間の自然な目の流れから言うと左サイドバーの方がいいと
いうひとが多いね。

だけどそういうサイトが多いから逆に右サイドバーに
するという手もある。

いづれにせよ、

左上が起点になるから、重要なものほど上、
そして左寄りということを覚えた方がいい。

中身の話をすると、

 

■ターゲットを定めること

よくありがちなのは、アフィリエイト系の商材に限らず、
ネットビジネス全般の商材や投資系商材、
またギャンブル商材まで紹介するようなサイト。

ターゲットが定まっていない。

「株の情報商材の購入を考えている人」をターゲットにしたり、
「せどり系商材の購入を考えている人」をターゲットにするなど、

誰を相手にアフィリエイトをするのかを
絞った方が稼ぎに直結する。

 

■そのターゲットが求めている情報が、提供をすること。

 

物販でも情報系でも、ただ、商材の名前や値段など、
どこでも手に入る情報をサイトに掲載しても、
サイト訪問者には役に立たない。

商材を購入しようと思っている人が抱いている、
欲求や不安、怒りや不満、疑問などを知らずして、
彼らの求めている情報を提供することは無理。

商材を購入しようと思っている人が求めている情報は、
第一に、第三者の具体的なレビュー。

また、実体験に基づいた体験レビューは、
情報商材を購入しようと思っている人にとっては、
非常に有益な情報なんだね。

それから商材周りの役に立つ情報、知識だ。

実際にあったネットには載っていない情報、
個人的な経験に基づく情報なんていうのは、おいしい。

 

■ アクションを起こしやすくする

サイトを訪れても、いろいろな商材を紹介していては、
何がいいのか分からない。そういうサイトが有る。
そういう場合、優先順位が付けたほうがいいけど、
できるなら絞ったほうがいい。

クリスマスのプレゼントを購入するわけじゃないんだから、
あれも、これも買ってしまおうなんて人はいない。

1つや2つの商材に絞ってサイトを構成し、それを中心に
情報を掲載するほうが、見る方も集中できるからね。

以上を参考にして、サイトを作ることをおすすめするけど、

サイト作りは1回で完成するものではない、運営をしながら徐々に
修正を加えて、ブラッシュアップすることが重要。

 

 

広告のタイトルが意表をついた例

アフィリエイト

フェイスブックの広告でタイトルが意表をついた例を話そう。

「歯を磨くだけで億万長者」と書かれていたらどうだろう?

100人中99人は、「また、ふざけやがって」と思うだろう。

「~だけで稼げる」「~だけで月収100万」とか、あまりにもこういう
臭い宣伝文句が、あふれているよね。

だけど、クリックしてしまったんだ。

その理由は、もちろん、歯を磨くだけで億万長者なれる、なんて信じたわけではない。

そんなの誰でも歯を磨くだけで、億万長者になれたら苦労はしないと思うだろう。

これがもし、「たった1日30分のパソコンの作業だけで、億万長者」という類の
タイトルだったら、間違えなくクリックしなかった。

内容がパソコンでの作業だと分かってしまっていて、体験から1日30分の作業
だけで稼げる額などたかが知れいてると認識ているからだ。

ところが、「歯を磨くだけで億万長者」というタイトルだと、まず、
今まで、歯を磨くだけでというパターンは見たことがない。だれもがそんなバカなと
思うことを、わざわざタイトルに選ぶだろうか、と逆に深読みしてしまうんだ。

 

それに、タイトルだけでは、内容が推測出来ず、さっぱりわからない。

これは、ひょっとしたら何かある、と一応確かめてみようという気になる。

ということで見事にアドレスを登録して引っかかってしまったんだ。

レポートをダウンロードすると、300ページ余りのPDFだった。

案の定、冒頭で、

「歯を磨くだけで億万長者」なんてあるわけがない、あればみんな億万長者になっている。

だから、

「歯を磨くだけで億万長者」というタイトルに惹かれて、ダウンロード
したあなたは注意、詐欺に引っかかりうやすい傾向がある、そんな楽な儲け話はない、という説教。

 

それで引っかかったあなたに、改めて、億万長者になる、心構え、環境を
整える仕方を伝授するというもの。

要は具体的なものでなく、マインド的なもの。

それが永遠と、300ページぐらい綴られているんだ。

内容はただの根性論でなく、ポモドーロ・テクニック(短時間の集中作業を繰り返すことで、仕事を成し遂げるテクニック)、思考ゾーンのヒミツ、86400秒(1日)の使い方
など、

斬新的な、科学的手法、表現を織り交ぜながら、いかに効率よく、ビジネスを
やるかが書かれている。

そして最後に、感想文をくれたかたに次のレポートを渡すと書いてある。

ここで気づいたと思うけど、この次のレポートか、その次でバックエンド商品
が待ち構えているだ。

そのバックエンド商品がどういうものかわからないので、いいとも悪いともいえないけど、

 

この売り込みの手法は勉強になるね。

 

まずタイトルで、そんなバカな、と思わせる。

あまりにもバカげているので、逆に登録してダウンロードしてみたくなる。

開けてみると冒頭で、バカなタイトルでダウンロードしたあなたをいさめる。

そういう詐欺にひかからないように、ちゃんとした考え方、心構えを
伝授する。

その段階で、「バカにするな」と思う人は離脱。

「やっぱりそうか、これはやられた、この人意外にまともじゃん」と思った人に
的を絞り、

斬新的な、科学的手法、表現を織り交ぜながら、いかに効率よく、ビジネスを
やるかを長々と述べる。

「なんか、この人知ってそう、信用もできそう」
と信じこませ、次に繋げる。

と言った具合だ。

 

中身は知らないけど、読者を引き込むことに関しては、結構勉強になる。

もし興味ある人は、検索で「歯お磨だけで億万長者」を打ち込めば、
トップに、しんえもんと出てくるので、見るのも面白いだろう。

情熱とアフィリエイトの成功は関係ない?

アフィリエイト

情熱とアフィリエイトの成功は関係ない?

そんなことはない、情熱、愛情は成功に大いに関係ある。

「愛情が必要」「情熱をを込める」
何言ってんだ、って声が聞こえてきそうだけど。

ビジネスって、ロジックだけでどうにでもなるものではない。

ビジネスは、情熱、愛情を注がないと、うまくいかないんだね。

例えばこういう例がある。

パチンコチェーン店で、役員をやっていた頃の話だ。

一人店長で、結構釘調整などうまく、技術的なものは問題なく、営業もアイデアが
豊富で、マネジメント力もあった人が、1店舗を見ることになったんだ。

ただ一点気になっていたのが、飽きっぽい性格なのと、冷静なのはいいけど、
あまり感情の起伏のない男だったんだ。

そいつが、赴任して、しばらくしたら、可動が良かった店が、ガクッと下がり、
売上も落ちたんだ。

もちろん、そのことを指摘して、店長はあれこれ手を打ったんだが、一向に良くならない。

あるときふと、視察のために他店の店を入ると、昔なじみで、自分の顔を知っている常連さんが声をかけてきたんだ。

「ちょっとちょっと、〇〇店の人じゃない?」

「はい、そいうです」

「おたくの店いまガタガタでしょ」

「ええまあ」

「私も最近行ってないんだけど、なんか雰囲気悪いっていうか、店長変わったでしょ?」

「そうです、数カ月前から入れ替わりました」

「やっぱり、雰囲気が変わったもん、なんか店に愛情がないのよね」

「愛情ですか?」

「そうなのよ、

店長が店に愛情をつぎ込んでいないというのが伝わるのよ。
情熱がないというのが。 お客さんもバカじゃないからわかるのよ」

「申し訳ありませんでした。そのことは伝えておきます」

平謝りをしたんだけど、

実は、前の店長もこの問題の店長も、ホールには出ていないので、お客さんは
誰が店長か、替わったのかなんてことは一切知らない。

実際に接しなくても、情熱が込められて運営しているか、お店を愛しているか、
というのはお客さんには伝わるんだね。

いくら、技術が優れていても、ノウハウがあっても、

結局は最後は情熱があるかどうか
なんだよね。

また自分の商品、サービスを愛情を持って育てるということも大切だ。

「くさい」と思うかもしれないけど、重要だ。

 

 

ビジネスすべてがそうであって、アフィリエイトも例外ではないんだ。

記事を書くにしても、ただ漫然と量をこなすのではなく、

1記事1記事書くごとに、情熱、愛情を込める。

ネットの向こうにいる読者を意識して、その読者が、いかに満足するだろうか、
考えて書く。

貴重な時間をわざわざ割いて読んでいただけるんだから、自分の記事、或いはメルマガを読むことによって、何かを持ち帰って欲しいという、気持ちを込めながら書くんだ。

 

不思議な事に、手を抜いた記事はすぐ伝わってしまうんだね

ちょっとでも「こんなもんでいいや」油断する気持ちがあると、アクセスが微妙に
落ちるんだよね。

だから、ここは「くさい」と思わず、

常に、読者を意識して、「喜んでくれているだろうか」
と思いながら、情熱を込めて、取り組もう。

 

 

 

 

アフィリエイト のキーワード 発想の極意

アフィリエイト

アフィリエイト のキーワード 発想の極意をバラ前に

記事を書くときに、どういう順番で書く?

・ターゲットが来そうなキーワードを選定して、タイトルを決め、それから、そのキーワードに基づいて記事を書く。

・思いついた記事の内容をスラスラ書いて、その後 それに合ったキーワードで、なおかつターゲットに合ったキーワードを選定し、タイトルを決める

どっちだろう?

どっちでもいい、両方やろう。

パターンを決めてやっても、どうせ行き詰まるに決まっている。

やりやすいやり方でやって、それが行き詰まったら別の方法でやってみる。

ルールはないんだから。

実際に自分もやっているし、多くのベテランアフィリエイターもやっていると
思うけど、

普段の生活、仕事中、思いついたテーマ、メルマガ読んで気づいたテーマ、なんでもいい、

思い浮かんだテーマだけタイトルに記入しておく。

書きやすそうなテーマを選んで、今日の記事として内容を埋める。

そして、

テーマに合った、なおかつターゲットがいそうなキーワードを厳選して
タイトルと文の冒頭に混ぜる。

といった具合。

テーマに合った、なおかつターゲットがいそうなキーワードを厳選して、といったけど
そのキーワード選定が難しいよ、てことでしょ。

 

アフィリエイト キーワード 探し方 ライバルの少ない空白地帯はどうやって探すのか?

以上の記事で紹介したように、下記のようなコミュニティサイトで探すのも手だが、

•ヤフー知恵袋
•OKWave
•教えて!goo
•BIGLOBEなんでも相談室
•発言小町
•SNS(フェイスブック、tiwitter)
•雑誌

これは、自分以外の発想を参考にするやり方で、他に自分自身が考えるやり方もある。

時間に余裕がって、コミュニティサイトを眺めて見つけらればいいけど、

そうは行かない時だってあるでしょ。

そんなこといったて、自分の発想だと限界があるし、偏っちゃうよ、と言われるかもしれないけど、

それを防ぐ方法もあるんだ。

それが、「キーワードを俯瞰(ふかん)してみる」という極意だ。

俯瞰(ふかん)なんて、えらい難しい言葉が手てきたけど、

「物事を正面から見るのではなく、横や上から、全体像だけでなく、その周りまでを広く見渡す」ということを言うんだ。

具体的に言うと、

メインとなる商品やサービスについて、

・その商品の対象者

・商品がもたらす効果

・購入する理由

・購入への障壁

・他の解決法

というように付け加えて考える。

これをさらに掘り下げたものを幾つか上げると、

・その商品の対象者 {対象者の年齢、対象者の職業、対象者の生活}

・購入する理由  { 誰かの役に立ちたい、悩みを解決したい、今より楽になりた         い、感動を得たい、暇をつぶしたい、欲求を満たしたい }

というふうになる。

これらを常にマインドマップなどに落とし込んで、メインキーワードが浮かぶたびに
照らし合わすんだ。

これらの発想から出てくるキーワードは、WEB上のツールにて拾えるキーワードではいため、ライバルが少ない。

是非やってみよう。

佐野氏のデザインそっくり、盗作? コピーコンテンツについて考える。

アフィリエイト

佐野氏のデザインそっくり、盗作?

東京都オリンピックのデザインが決まった時、佐野氏は得意げなポーズをとっていたけど、

状況は一転して、盗作疑惑問題で、地獄に落ちたね。

まあ、世間一般の反応は「ざまあみろ」というところだろうか。

でも、同職業の人達は、「明日は我が身」「人事には思えない」という反応だ。

当然だろうね。

佐野氏はわざと盗作したのか、結果として似てしまったのか、他のデザインが完璧
盗作となるとほとんど黒だろうけど、実態はわからないよ。

さて、ここで考えなければいけないのは、ネット上でビジネス、ネットショップ
アフィリエイト、その他なんでもやっていると、

必ずこの盗作の問題がぶち当たってくるんだね。

つまり完璧オリジナルなんて、少ないだろうからね。

みんな、少なからず他の影響を受けてるだろうから。

でもグーグルは厳しい。

コンテンツが重複していないか確認する便利なツールが有るよ。

http://kagemusya.biz-samurai.com/

一番簡単のは、フレーズごとにグーグルの検索窓にコピペして、検索結果を
見てみることだ。

面白いのは、情報アフィリエイトの文章など、誰かのアフィリエイターの主催している
塾生の文章かどうかわからないけど、まったく同じ文章が数十件出てくることがある

しかも笑っちゃうのは、文章の間違えも同じということだ。たぶん、その塾の雛形を
コピペしたんだろう。

 

アフィリエイトで記事を書くときも、自分の周りに起こった出来事を書けば、
全くのオリジナルになるので、問題はないけど、

毎回、毎回、うまく、記事に書けるような面白い出来事が起こるわけがない。

そればっかりだと厳しくなる。

特にアフィリエイトのノウハウ的なところになるとオリジナルって出しにくい。

どうしてもリライトするような場面って出てくる。

では、参考にした記事とどれくらい重複するとOUTかというと、30%以上と言われているけど、実際のところはわからない。

パーセンテージよりも、重複がない方がいい。

どうしたら、重複しないように書けるのか?

ただ文章のフレーズの前後を替えるだけでは不足だし、

例えば、

「この着物は、ゆったりとした感じの風合いに、たてよこシマの線が入った模様は、派手さはないものの美しい南国の味わいを醸し出しています。」

をリライトして、

「この着物は、余裕のある感じの風合いに、縦横のラインの模様は、ケバケバしさはなく、ビューティフルな南国のテイストをにじませています。」

というのは、完璧! と思う?

ぶ~ これはまずい。

うまくリライトしたように見えるけど、上と下、ほぼ同じ文章の流れ、

この中で、「ゆったりとした」と「余裕のある」、「たてよこシマの線が入った」と
「縦横のライン」、「派手さはなく」と「ケバケバしくない」、「美しい」と「ビューティフル」、「味わい」と「テースト」

はほぼ意味が同じか、全く意味が同じでただ置き換えているだけ。

今のグーグルの検索エンジンだと、コレぐらいの判別はついてしまう。

 

じゃあ、どうすればいいの?

一つ方法があって、

リライトをするときは、一旦全部文章を読む。

それで

内容を把握して、今度は元の文章を見ずに、その把握した文を自分の言葉で書いてみる。

もちろん、内容を暗記するまで読み込むのはしんどいし、効率が悪いから、

途中でチラリと見ても構わないけど。

最初は文章を内容を把握して、自分の言葉で書くには、辛いかもしれないけど、

何度もやっているうちに慣れてくる。

そうするとリライトがスムーズに行くようになるで、是非試してみよう。

フェイスブック アプリをアフィリエイトに活用し飛躍する方法 実際の手続き

アフィリエイト

フェイスブック アプリをアフィリエイトに活用し飛躍する方法 実際の手続きを説明するだけど、その前に以下の概要を必ず読んでほしい。

フェイスブック アプリをアフィリエイトに活用し飛躍する方法

 

フェイスブックのアプリ、アプリと言っても、単なるプラグイン、いいねボタンやシェアボタンを外部に設置するためのタグを利用するには、

まず開発者登録(=利用者、自ら開発するなんてないよ)を絶対しなければダメ。

しないでも、適当にタグを配置できるけど、不正確になる場合が多い。

まず、なんでもフェイスブックのことに関わるときは、

アカウトに入った状態にする。
他人のをやってやる場合、その他人のアカウントで入る。
■ 開発者登録
それで以下の開発者のページに入る。

https://developers.facebook.com/apps

11

そしたら、初めての場合、右上に緑色の「Register as a Developer」が出てくるから、それを押すと中央にポップアップが出てくる。

もし緑色がなかったら、上部ナビのAppsをクリックするとプルダウンで出てくる。

22

プライバシーポリシーに同意に、はい、を押して

33

電話番号を記入し、SMSをクリックして、確認、コードが送られてくるのを待つ。

場合によっては、なかなか送られてこない、12時間後というのもあるらしいので
しぶとく待つ。

44

送られてきた確認コードを記入して、登録終了。

 

■App ID 登録

 

2

今度は、アプリを使う場合のIDを発行するんだ。 アプリを使う場合、サイトごとに
App IDを発行しなければならない。面倒だけど。

上部のAppsをクリックして、プルダウンで出てくる「Create a New App」をクリック。

 

3
あプリを使うのがさいとであれば、WWWをおす

 

4

なんか出てくるけど、スキップしちゃおう。

5

Display Name  サイト名でもキャンペーン名でも、適当     Namespace 適当 ローマ字の
方がいいみたい。 カテゴリー 適当。

 

6

これで、完成。出てきたApp IDは使うので、コピペして、メモ帳かなんかに
貼っておく。

 

■ ここからOGPの設定に入る。

下記はOGPのタグ

<meta property=”og:type” content=”website”/>
<meta property=”og:url” content=”http://www.biyohari.jp/”/>
<meta property=”og:image” content=”http://www.biyohari.jp/wp-content/themes/sample/img/book4.png”>
<meta property=”og:site_name” content=”鍼灸師・エスティシャンのためのよくわかる美容鍼灸”/>
<meta property=”fb:app_id” content=”873598812727117“/>
<meta property=”og:description” content=”この度、新刊「鍼灸師•エステティシャンのための よくわかる美容鍼灸」(三和書籍)を出版させていただきました。8年前から企画があり、紆余曲折あり試行錯誤し、2年半かけて執筆し全部出し切った本を出版します。”/>

 

App ID は fb:app_id のところに入れる。

 

・image画像は、絶対パスでなければダメ、それから推奨サイズは、最低600x315px以上、推奨1200x630px以上、小さいと採用されない。これ重要。

以上を中身を入れて、コピペして、HTMLファイルの、上部、head内に貼り付ければ終わり。

そして、好きなところに、いいねボタンやシェアボタンのタグを設置すればいいわけ。

以下はいいねボタンとシェアボタンのタグ

<!– フェイスブックいいねボタン –>
<div id=”fb-root”></div>
<script>// <![CDATA[
(function(d, s, id) {   var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];   if (d.getElementById(id)) return;   js = d.createElement(s); js.id = id;   js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&#038;version=v2.4&#038;appId=873598812657117“;   fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));
// ]]></script>
<div class=”fb-like”></div>
<!–フェイスブックシェアボタン –>
<div id=”fb-root”></div>
<script>// <![CDATA[
(function(d, s, id) {   var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];   if (d.getElementById(id)) return;   js = d.createElement(s); js.id = id;   js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&#038;version=v2.4&#038;appId=873598812657117“;   fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));
// ]]></script>
<div class=”fb-share-button” data-href=”http://www.biyohari.jp/” data-layout=”button_count”></div>

 

注意するべきは、appId には、先ほどメモった、IDを入れること。

是非試してみよう。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >