アフィリエイトのサイト
アフィリエイト
ウィッシュボンアフィリエイトjへようこそ
ようこそ、ウィッシュボン アフィリエイトのサイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。このサイトは アフィリエイトを実践する人のために、いろいろ支援するサイトです。

個人事業で、ウェブサイト制作をやっております。 いろんな苦難を乗り越えて、アフィリエイトに辿り着きました。

会社を経営していく上でも欠かせない、情報発信ビジネスの基本から応用まで、  私が今までに学び、身につけてきた有益な情報を、日々発信していきます。
後発アフィリエイト初心者が稼ぐには

アフィリエイトの現状

アフィリエイトって言われて、何か分からない人は多分いないでしょう。 でもまだ漠然として、はっきり分かっていない人は、 こちらへどうぞ

アフィリエイトの始め方

アフィリエイト初心者の方は、実は何から始めたらいいか、分からないでしょう。こちらへどうぞ

ASPの登録方法と使い方

アフィリエイトで収益を上げるには、アフィリエイトする広告を貼るため、ASPに登録する必要がある。

アフィリエイトの注意点

アフィリエイトをやるうえで、初心者が陥りがちな誤り、やってはいけないこと、やっていいことを知りたい方は、こちらへどうぞ

アフィリエイトサイトの作り方

無料ブログで始めるというのも悪くはないが、無料という以外デメリットが多い。せっかくやるなら独自ドメインでオリジナルサイト、ブログを作ろう。

集客の方法

アクセスアップの方法はいろいろ、SEOやリスティング、TwitterやFacebookなどのSNS、ソーシャルブックマークやブログランキングなど。詳しくはこちらへどうぞ

収益を上げるには

アフィリエイトで収益を上げるには、ブログ、サイト、メルマガ、ステップメールを使用するなど、手順を追ってやることがある。詳しくはこちらをどうぞ

最新記事のご紹介

アフィリエイト 初心者 が挫折しノウハウコレクターならないための3つの方法

アフィリエイト

 

アフィリエイト 初心者 が挫折しノウハウコレクターならないための3つの方法

やっぱ今回もダメか

毎回、毎回、タイトルやキャッチコピーにつられて、情報商材を購入するも、
一向に成果が出ない。

次は間違いないだろうと、購入すると、まただめで、挙句の果て、購入しても
ダウンロードして、最初の1ページぐらい読んで終わってしまう。

こんな経験はないだろうか?

もしあなたがそうであっても、落ち込むことはない。

実はほとんどの人がそういう事を経験している。

アフィエイトで成功している人もほぼ全員、過去を振り返れば、ノウハウコレクター出会った時期が必ずあると言っている。

面白いのは、サイトアフィエイターで月商300万稼いでいる人がいて、
その人も話を聞くと、金を払って、ダウンロードさえしなかったものもある
らしい。

なぜだろうか?

考えてみれば当たり前だが、一発でいい商材に当たるのは難しい。

世の中、アフィエイト教材に限らず、いい先生、いい教室、いい学校巡り合える、
のは容易でない。
電化製品だって、レビューを参考に購入しても、当たり外れがある。
使ったことがない用途の電化商品なら、そのリスクは大きい。

使って、初めて気づくことがあって、次購入するときの経験になる。

まして、ネットの世界には情報が氾濫している。

その中で、最適なものを選ぶのは、容易ではないんだね。

なかには、

残念ながら、詐欺商材、或は詐欺まがいの商材があることも
確かだ。

詐欺でなくとも、あなたに合った商材でなければ、価値は半減する。

ではどうやってそのリスクを無くすのか?

残念ながら100%リスクを取り除く方法はない。

リスクを少しでも減らす方法を考えるしかない。

■ その発行者が書いているメルマガ、ブログを参考にする
■ レビューを参考にする
■ 質問をしてみる

 

 

■ その発行者が書いているメルマガ、ブログを参考にする

当然ながら、その人が発行する、メルマガを読めば、考え方、人柄、
方法論を垣間見ることができる。

ただ注意しなければならないのは、のめりこまないこと。

ベテランから中堅のアフィリエイター、インフォプレナーは
コピーライティングがうまい。

それが彼らの生命線だからだ。

だから引き込まれることが多い。 陶酔してはけない。

一回頭を冷やして、レビューなり、他のメルマガなど参考にするといい。

 

■ レビューを参考にする

これも当然だとは思うが、商材名+ レビュー、評判、詐欺
という言葉を入れて、ググってみる。

そうするとその発行者の評判、批判が出てくるね。

ただ注意しなければならないのは、レビューが必ずしも正しいことを
書いているとは限らないことだ。

批判が当たらない場合もある。 事実、批判されていても、
購入したらよかった例がある。

批判の部分は当たっているものの、そのほかのメリットが大きかったからだ。

これは複数参考にして、考えなければならない。

 

 

■ 質問をしてみる

 

発行者に質問をぶつけてみよう。

それも1回だけでなくしつこく質問してみる。

そうすれば、

人柄、考え方が、わかる。

1回だけでは分からない場合があるよ。

返信が届くのが遅い、というのは避けたほうがいい。

購入後なら
早いというのはほとんどないと言っていい。

大体遅いのは不誠実な場合が多い。

それに回答にちょっとでも、不誠実、不親切な感じがあったらやめたほうがいい。

1回だけでは分からない場合がる、何回もしつこく出しても、丁寧に
答えてくれる人ならまず安心。

これらの注意点を踏まえて、いろいろ試してみてみよう。

 

アフィリエイトをやる上で、トップアフィリエイターが
やってきたことを学ぶことは非常に有益である。

トップアフィリエイターは何をやってきたか、以下を参考にしてほしい。

 

 

アフィリエイトで成功している人の驚くほどの共通点とは

アフィリエイトのSEO対策、意外と見逃している重要なポイント

日常

アフィリエイトをやる上でSEO対策は必須なのは既に分かっていると思うが、

 

以外と見逃している、知られていない重要なポイントがある。

それは、最後に述べるとして、

 

全くの初心者は、どういう対策を立てていいかわからないだろうから

まずは、基礎的なことから、話してみよう。

主に内部対策と外部対策に分かれるが、

内部対策
サイト内の、キーワードの配列、文章構成、コンテンツの充実など

外部対策
被リンク(あなたのサイトに他のサイトがリンクする)

先に外部対策から言うと、リンクを貼ってもんだけど、いいところからリンクを貼ってもらうなんてまず不可能。

昔みたいに相互リンク(お互いにリンクを貼りあう)というのが
全く効果がないどころか、有害になる今、やるのは、

自作のリンクを作る。

 

■ソーシャルブックマークからリンクする

はてなブックマークや、Yahooブックマークなどのサイトに会員登録(無料)して、
自分のサイトをブックマークする。
すると、

ブックマークしたサイト一覧のページからリンクが貼られる。

 

■Ping配信サービスを使ってリンクする
Ping配信サービスというのがあって、記事を書く度に、更新情報を送信すると、
あなたの記事がいくつもの情報サイトで「新着記事」として表示される仕組み。
一度にたくさんのサイトからリンクされる。

これはwordpress なら初期状態で、1つのPing配信サービスが設定されているけど、
自分で複数設定できる。

もちろん無料ブログでも設定するところがあるよ。

 

■ソーシャルメディアからリンクを貼る

Facebookやtwitterからリンクを貼るんだけど、

nonfollow が付いているため
SEO的効果はゼロ
nonfollowとは、検索エンジンにこのリンクは辿らないようにと、ストップをかけていること。

だけどtwitterはたくさん貼ると、一定効果があると実証されている。

 

内部対策
これは、キーワードとコンテンツだ。

キーワードは、狙ったものを、記事タイトル右側と、文章の頭に持ってくる。

後は読者にとって有益な、記事を量産することだ。

 

 

ひとつ、結構何気なく見過ごしてしまっていることがるんだ。
あなたのサイトのアドレスは、ドメイン.com か www.ドメイン.com かどっち?

えっ、どっちだっけ? なんて意識もしていなかった人もいるだろう。

よく見かけるwww は、サブドメインというものなんだけど。
実はGoogleの検索エンジンは、www あり、なしで別のサイトとみなしているんだね。

普通のサーバーだと、何の設定もしないと、あり、なし両方同じあなたのサイトが表示される。

すなわち、

両方に力が分散されるため、SEO的には不利なんだ。

だからどちらかに統一する必要がある。

どうやってやる?

「.htaccess」というファイルの作成をさくせするんだ。
普通のファイルは、sample.html というように、.が後ろに来るんだが、
この場合は前に来る。

最初メモ帳などを開いて、

wwww ありから、なしに全部統一したい場合 以下を書き込む。

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.ドメイン\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://ドメイン.com/$1 [R=301,L]

 

逆の場合は、3段目と4段目のドメインを逆にすればいいんだ。

書き込んだら、メモ帳ならhtaccess.txtとなっているはずだから、そのままアップする。
そしてアップした後、名前を変更して「.htaccess」にするんだ。

wordpress の場合は、ダッシュボード左側の一覧から、

設定をクリックし、基本設定を開く。

WordPress アドレス (URL)ドメイン.com
サイトアドレス (URL)ドメイン.com 

があるから、

サイトアドレス の方を好きなのを選んで、更新を押す。
WordPress アドレス は触らないほうが無難だ。

以上重要だから覚えておくといいね。

アフィエイト初心者は教えてもらう以外に上達はない

コピーライティング

アフィエイト初心者が、アフィリエイトを極めるには教えてもらう以外に道はないと言える。

バラエティ番組、アメトークを見ていたら、「キングダム」のファンである芸人が、
「キングダム」を語るコーナーがやっていたんだね。

「キングダム」とは原泰久という漫画家が描いた、中国の歴史マンガ。

自分は、名前だけは知っていたが読んだことはない。

その番組で、芸人が語るのを見て、一つ非常に興味深い事実を知ったんだ、

原泰久は、脱サラして、「スラムダンク」で有名な漫画家 井上雄彦に弟子入りを
したということだ。

その後、自分で作品を手掛けるようになって、「キングダム」を連作した。

ただ最初のころは、全然人気がなくて、連載中止の候補になっていたらしいんだ。

このままだったらヤバいと、原泰久が井上先生に相談に行った。

そこで次のようなアドバイスを受けた、

 

『お前のマンガはめちゃくちゃ面白い。ひとつだけ、主人公・信の目を描く時だけは、もう一個気合を入れろ』。

 

 

そしたら次の週からずっと1位を勝ち取って、人気を不動のものにしたというお話。

ここで興味深いのは、もしアドバイスを受けていなかったら、おそらく廃刊になっていた
という事実。

それから、目を気合を入れて描くという、たった一つのポイントだけで、爆発的に
人気が出てきた事実。

人からアドバイスを受けるという事は、こういう何気ない事が多いんだ。

しかも本人は気付かなかったことだ。

 

 

アフィリエイトをやる上でも、人からアドバイスを受けるというのは非常に重要。

 

無料のメルマガ、ブログなどたくさん読めば、大体の概略がわかってくる。

でも概略が分かったところで、実践してみると、できない。

できたつもりでも、

自己流であると、いつまでたっても稼げないことがわかる。

 

やはり的確なアドバイスが必要なんだね。

 

1例を挙げると、最初記事を書いていた時、文章をダラダラ同じ調子て書いていた。

時々、赤文字ににして、強調するところを設けていたんだけど、

読み返すと、どうも迫力に欠けるというか、単調なんだね。

それで悩んで、先輩アフィリエイターに相談したところ、

文の所々に黄色の枠で
囲え、というものだった。

 

これはアフィエイターのブログなど見るとよく見かけるよね。

だけど、それほど重要だと思っていなかったし、ちょっとベタな感じがして
使わなかった。

ところが、渋々指示に従って、やってみたら、やっぱり違う。

文章にメリハリがつき、躍動感が出てきたんだね。

 

こういうのって、何気ないアドバイスのように思えるが、実は非常に
差がつく、重要なことがえてしてある。

ちょっとしたことだが、こういう風にアドバイスを受けないとなかなかできないんだ。

原泰久は、井上雄彦に弟子入りしたことでアドバイスを受けられたが、
アフィリエイトでなにも弟子入りするまでしないでもいい。

教材を買えば、サポートしてくれる。そのサポートがものすごく重要。

 

教材を選ぶときは、サポートがどれほど手厚いか選んだ方がいいと言っても
過言でない。

 

そういう意味では、お勧めしたいのが、「エンタメブログ魂」だ。

ブログアフィリエイトの教材だが、なにしろサポートが手厚い。

どれほど手厚いかというと、

 

上位版の場合、サポートは無期限。

 

無期限なのはいいが、質問したが、返信がおそい、回答が不親切などだったら
意味がないね。

「エンタメブログ魂」では質問を出すと、回答が驚くほど速い。

数時間後に返信が来る。 しかも丁寧なアドバイス。

 

記事診断などは非常に辛口な批評をくれる。

価格は2万円ほどだが、元は十分取れるだろう。

 

エンタメブログ魂

アフィエイト特典の付け方のコツ 余計な事をするな

アフィリエイト

アフィエイト特典の付け方のコツは余計な事をするな、

ということだが、
何でこんなことを言っているかというと、あるニュースを見ていて、
強烈にそのことが浮かんだのだ。

先日ニュースを見ていたら、

 

ローソンマート300店舗閉店と流れていた。

ローソンマートって、みんなも知っているコンビニのローソンの新業態、野菜などの生鮮食品や総菜を扱う小型スーパーとして、14年2月からスタートした。

当時は、ローソンの玉塚社長も鼻息が荒かったが、300店閉鎖に追い込まれ、
この新業態の損失によって、数十億円の特別損失を計上することになり、
ローソン全体の業績を押し下げることになったんだね。

何が原因かというと、
コンビニなのに、野菜などの生鮮食品や総菜まで広げて、価格帯も、コンビニより安いがスーパーより割高という、「中途半端な業態」になってしまったということだ。

つまり、

余計なことをしてしまったんだね。

 

お客は、野菜などの生鮮食品や総菜まで揃っていても、価格がスーパーより割高だし、
品揃えもスーパーより劣るから、やはり、スーパーに行くんだね。

店の大きさも中途半端だから、便利なところにある立地が、コンビニの強みなのに
その強みが消されてしまったのかもしれない。

新業態として、スーパーからもお客が取り込めると思ってただろう。
逆にコンビニのお客を減らしてしまった。

これによく似た話が身近にあったんだ。

レンタルオフィスを新しく展開しようとしていた会社があったんだ。

既にレンタルオフィスは、いろんな会社が参入していて競争が激化していた。

そこでその社長が考えたのが、

レンタルオフィスというのは普通月単位で借りるものだが、

そこに一部時間貸しを取り入れた。

数時間単位、1日単位でオフィスが借りられるというもの。

ところがふたを開けてみたら、まるで需要がない。

そりゃそうでしょ。 数時間単位なら喫茶店に行くでしょ。

悪いことに時間貸しを看板や広告に掲げたため、従来のレンタルオフィスの
取り込みも苦戦した。

なぜでしょう?

レンタルオフィスを借りる人は、本当はオフィスを構えたいけど、予算がないので
仕方なく借りている人が多い。だからレンタルオフィスっぽいところを出来るだけ
見せたくない。

まして、

時間貸しなど唄われたら、体裁が悪いでしょ。

時間貸しなんかしているところに
オフィスを構える、「それってインターネットカフェじゃね?」なんて思われかねない。だから時間貸しが付いているレンタルオフィスには来ないんだ。

余計な事をするもんじゃないね。

 

それと同じことがアフィリエイトにも言える。

例えば、ゴルフに関する情報商材を売ることをメインとしているのに、
付加価値を付けたいがために、せどり、コピーライティング、物販アフィエイト
のノウハウなど、様々な特典を、これでもかとつけてしまう。

稼ぐ系のアフィエイトブログを展開しているのに、せどりの解説までつける。

もしゴルフのスキルアップの情報に関するブログであれば、お客さんがそのブログに
期待するのは、ゴルフのスキルアップに関する事だけだ。

そこで、お金を稼ぐうノウハウなど期待していない。 もしお金を稼ぐノウハウであれば
他のアフィリエイトサイトに行くだろう。

あれもこれもだと焦点がぼけて、お客さんにとって信頼性が低くなり、魅力が薄くなるわけだ。

アフィリエイトの商材が、ゴルフのスキルアップなら、それに関する特典だけにする
例え、特典1つでも、足らないからと言って、余計なものを混ぜてはいけない。

ゴルフのスキルアップのサポートを特典につけるなど、徹底してその関連に集中することがいい結果を生む。

アフィリエイトの特典に関し、以下でも述べているので参考にしてほしい。

アフィリエイト 特典のつけ方 やってはいけないこと。

アフィエイト競争激化の中、競合サイトを出し抜くヒント

アフィリエイト

IMG_20150503_133128

ゴールデンウイークの中日、家族が久々そろったので、ランチを食べに行こうという事になったんだ。

普段の休みであれば、駅前のデパートの中のレストランや、近くのファミレスにするところだが、
たまには郊外の個人が経営しているレストランに行こうという事になった。

よさそうなのをネットで見つけたフレンチレストラン、食べログも口コミ評価が3.3とまずまずだったので、
車で40分の事ころだが、行ってみたが、あいにく満席。

 

せっかく40分もかけて、来たところなので、引き返してファミレスというのもどうかと思ったので、
スマホを使って近くで別のレストランを探すことにした。

イタリアンレストランが1件だけ席が空いていた。食べログは3.0でまあまあ、気になるのはこのゴールデンウイーク中にもうすでに12時を回っているのに、席が余裕だという事だ。

車で、諦めたレストランから15分のところ。

着いてみると、外観はまあまあしゃれているレストラン。 期待を胸に中に入った。

入ってみたところ、唖然としたんだ。「何この雰囲気は!」

外観とは打って変わって、室内は、不気味。 壁の色はピンクで、テーブルとテーブルの間には仕切りの布が下がっている。

天井にもおしゃれではない、黄色布が垂れ下がっている。

妙に間の抜けた空間が、不気味さを演じている。

帰ろうかなと思ったが、既に先に子供たちがテーブルに座っているから、どうしょうもなく席に着いたんだ。

「やむを得ん、オーダーしよう」とオーダーした。

出てくる料理も、おそらく寒々とした料理なんだろうなと思いきや、

 

「意外にいけるじゃん」意外にというよりも、はっきり言って美味しかった。

 

コース料理を頼んだのだが、前菜から、メイン、スパゲッティ デザートどれをとっても
美味しい。

店員も親切で、接客もOK.

だが、残念なのは周りの雰囲気だ。 そのために料理のうまさを掻き消してしまった。

今になっては料理さえ印象に残っていない

 

対象的だったのが、後日行った、別のフレンチレストラン。

ここは南フランスの家っぽく、おしゃれな外観、アンティークな内観、

とにかく雰囲気は抜群にいい。

 

料理もおいしい、と思ったが、冷静に考えてみると、先の不気味なレストランのほうが美味しい。

 

そうなんだ!

実は料理自体は、前者のレストランは、後者のレストランと変わらないか上という事だ。

なのに、美味しく感じて、とても幸福だったのは、明らかに後者だ。

これは何だろうか?

レストランは食事をするところ。 だから料理が美味しくなければいけない。

でも、

料理だけでなく、店の外観、内観、店の中の雰囲気、接客すべてが、ご馳走なんだ。もちろん料理の器だって、いいのと悪いのでは、美味しさが違ってくる。

 

このことをアフィエイトになぞらえると、

料理が、売る商品、商材、 アフィリエイトをするあなたは、店の外観、内観、接客、雰囲気だったりする。

同じ売る商品、商材であっても、あなたから買うかどうかは、店である、サイトやブログの魅力次第と言える。

 

まずは店の外観に当たる、サイト、ブログのトップ、ヘッダー画像、キャッチフレーズ、キャラクターなど、

店の内観は、構成、記事のリスト、プロフィール、接客はメルマガ。

全てが、他のアフィエイトサイトに比べ、インパクトがり、固有性があり、すなわち魅力があれば、読者はほかのサイトからでなく、あなたのサイトから、商品、教材を買ってくれるというわけだ。

訪問者数を上げる5つの方法

アフィリエイト

アクセスを集めるのは、アフィエイトをやる上で、
2番目にやる事。

1番目にやることは?

これは以前話した通り、

コピーライティングスキルを上げる事。

これなしに、アクセスを集めるのに躍起になっても、
水をざるで救うようなもの。

つまり、せっかく集めても、ユーザーは逃げてしまう。

だって、つまらない、役に立たない、引き込まれない記事を
付き合って読んでくれる人はいない。

貴重な時間を割いてわざわざ訪問したのであるから、心を動かさない記事であれば一瞬で離脱だね。

ということで、

コピーライティングにスキルを磨くのが第一

それができてくると、

今度は集客という事だ。

いくらコピーライティングが上達し、
心を動かす文章を書けるようになったとしても、
読む人がいなければ、稼ぐ事は出来ない。 当たり前だね。

さて、集客するにはどうしたらいいか?

大きくわけて、無料でやる方法と、有料でやる方法がある。

■ 無料でアクセスを上げる

これには2つの方法がある。

・ブログで集客する方法
・無料レポートを使って集客する方法

・ブログで集客する方法

集客目的の記事を書いてアクセスを集め、そこからメルマガ登録へと促す方法のこと。

集客の記事を読む
    ↓
興味がわき、プロフィールも見る
    ↓
 他の記事も何記事か読む
    ↓
「面白そうなので読者登録しよう」

という流れになる。

当然ながら、

集客の記事が多ければ多いほど、ブログへのアクセスは増えていく。

だから

時間があるなら、一つでも多く記事を書くこと。
その方が確実に読者を集められる。

ただ闇雲に、記事を量産しても、効果はない。

気を付けることは、キーワード。

どんなキーワードを狙うのか?

売りたい商品を買ってくれそうなユーザーが、検索するキーワードだ。

稼ぐ系の商材を売りたいのであれば、お金に悩んでいるユーザー
稼ぎたいユーザー、仕事で悩んでいるユーザーが対象になる。

「リストラ、不安」「失業、困った」「簡単、儲ける、方法」など。

どこにキーワードを入れるか?

タイトルの左側、文章の先頭、適当に文章にちりばめる。

 

 

・無料レポートを使って集客する方法

無料レポートとは、まぐぞう http://www.mag-zou.com/ 」や
「インフォゼロ http://info-zero.jp/?icd=32800 」など
無料レポートスタンドと呼ばれるサイトに登録されている、
レポートのこと。

無料でダウンロードできるかわりに、ダウンロードした人は、レポート作者のメルマガに登録される仕組みになっている。

これによって読者を増やすことができる。

 

■ 有料でアクセスを上げる

・有料広告を出す

・読者増サービスを使う

 

・有料広告を出す
有料広告とは、他のサイトやメルマガなどにお金を払って、
自分のメルマガを紹介してもらう。

もうひとつは、リスティング広告を出す。リスティング広告とは
検索したページの上と右に出る広告。

・読者増サービスを使う
まぐぞう。インフォゼロなど、お金を払う代わりに、
読者のメールアドレスと名前を入手できるサービスのこと。

以上いろいろな集客方法があるが、成約率の高いアクセスを得る順に
並べると、

1ブログで集客

2リスティング広告

3無料レポート

4読者増サービス

という事になる。

ブログで集客を図るということは、直接そのブログに訪問し、
読者が自ら「このメルマガを読みたい」と思って、登録をするから。

無料レポートは、レポートだけほしいという人がいるため、
成約率は落ちる。

さらに読者増サービスとなると
読者増サービスから来る読者は、
メルマガに登録されること自体を知らない人ばかりだから、
成約率は一段と落ちる。 メルマガ登録率で2~3%。

だから地道に、ブログで集客を図ったほうがいい。

予算があるなら、リスティング広告もキーワードで検索したユーザーが
来るから、確率は比較的高い。

アフィエイト 時間の無駄を省くのが成功の鍵

アフィリエイト

 

時間の無駄を省くのがアフィリエイトの成功の鍵である。

時間管理というのはアフィリエイトをやっていくうえで非常に重要だ。

というのは、1日中暇だからアフィエイトに取り組もうとしている人は
いるかもしれないが、少ない。

大抵は、仕事、アルバイト、専業主婦をしていて忙しいのではないか?

いきなり何もかも手放して、アフィエイトに取り組むという事は相当
勇気がいることだと思う。

まして家族を抱えていたらそうはいかない。

とすると

かなり限られた時間の中でアフィエイトを取り組まなければ
ならないわけだ。

だから時間管理はかなり重要という事。

すでに実績を上げているトップアフィリエイター達は、アフィエイト1本で生活ができているわけだから、1日をアフィエイトにつぎ込める。
その人たちに割って入らなければならないのだから、相当集中してやらなければいけない。

 

1日、どの程度時間を割かなければいけないのか?

大体、2~3時間。

 

ブログの1記事を1000文字以上書くとすると、慣れないと、1~2時間
最初は3時間もかかるかもしれない。

慣れてくると30分、見直しなどを含めて50分、後はメルマガや
無料レポートなどの作成に時間を割く。

自分の場合はブログの1記事2000文字になることが多いから、1時間20分ぐらい
記事作成に割く。

時間をどうして絞り出すか?

 

■ 無駄な時間を徹底的に排除する。

テレビを見る時間を減らす。

テレビは見るときりがない。かといってまるっきり見ないのも、
元々見ない人は別として、ストレスがたまるので、食事時に見るぐらいにする。

遊びに行く時間を減らす。

これも、控えたほうがいい。
飲みに行ったり、誰かと遊んだりする時間も減らすのは当然だ。

趣味、学習の時間を減らす。

テレビ、遊びの時間は減らせるかもしれないが、これが意外と減らせることは
困難かもしれない。

今趣味や、学習で通っていたりすることも、アフィエイトで稼ぐことを
狙っているなら、一旦はやめることを勧める。

自分も英語、中国語が好きで、週に1~2回、勉強会やサロンに通っていた。
だが、これをやると行き来の時間だけで2時間、さらに現地滞在を含めれば
4~5時間は拘束される。

なので、やめた。

永遠にやめる必要はない。アフィエイトである程度軌道に乗るまでだ。

最初はいろいろ情報を集めて、自分の頭で考える時間も必要なので
余計なことを考えている暇がない。

 

■ 時間の空きを作らない

1日、外に出る時もあると思う。人と待ち合わせして、すっぽかされる、
相手が遅刻して、時間が空く。何かがキャンセルになって、急に
次の用事との間にぽっかり時間ができてしまう、なんてことがあるだろう。

そういういきなりできた隙間に時間を利用して、他人のメルマガをチェックしたり、情報収集をして、記事の構想を練ったりするんだ。

だから自分は常にノートパソコンを持ち歩いている。

iPadでもいいが、自分はノートパソコンのほうが作業をしやすいので
そちらにしている。

アフィエイト系、ビジネス系のセミナーなどに参加した時でも、
常にパソコンを開いて、

そのセミナーで使えるネタなどをピックアップ
し、その場で書き上げ、記事作成の準備をする。

せっかく行ったセミナーだから、聞いて資料をもらって終わりじゃ
勿体ないね。

 

このように工夫して時間を作らなければいけない。

 

アフィリエイトで成功している人の驚くほどの共通点とは

アフィリエイト

アフィリエイトで成功している人の驚くほどの共通点とはなんだろうか?

実は、今までトップアフィリエイターに何回か会う機会があって
気付いたのだが、驚くほど共通しているところがある。

箇条書きにしてみると以下になる。

■ 社会的弱者だった

■ ノウハウコレクターであったこと。

■ メンターを得ている事

■ 行動を起こす

■ 潜在意識を利用している

 

 

■ 社会的弱者だった

トップアフィリエイターで、元々他のビジネスで成功した。安定して高収益を得てた、などと言う人は存在しない。

なぜなら満たされているなら、アフィエイトなんかやらないでしょう?

トップアフィリエイターはおしなべて、社会的弱者、つまり、失業中だったり、
務めてはいるが、給与が非常に低く、やっていけないというような人だった。

やはり、そういう人たちは必死にどうにかしようと思うんだね。それがモチベーションになる。

人間弱いから、満たされているような状況では、なかなか踏ん張れないんだね。

 

■ ノウハウコレクターであったこと。

これは恐ろしいほど、共通している。

良い教材を1つだけ選び、それに沿って、ひたすら作業し続けて成功したという人は聞いたことがない。

大抵は、ノウハウコレクターになった時期があり、いくつか試して、失敗している。
失敗というのは、教材自体が本当に詐欺みたいで失敗しているのと、
教材はいいのだが、合わなかったというのがある。

いづれにせよ、何度も無駄金をはたいて、よい教材を手に入れいているという事だね。

なかなか一発で自分に合ったよい教材を見つけるのは難しいし、

そういう教材を
判断できるのも、ある程度、無駄でも、試してこないと無理なんだね。

 

■ メンターを得ている事

そしてこれも共通している。 トップアフィリエイターには必ずメンターがいる。

結局一人でどうにかしようとしても、厳しすぎるんだね。

実践している中で、修正してくれる人がいないと、自分で軌道修正しようとしても無理なんだ。

考えてみればわかるけど、水泳競技の選手だって、コーチがいるでしょ。
コーチがいないというのは聞いたことがない。

それと同じ。

 

■ 行動を起こす

 

これが最も重要で、行動を起こさないと、当然稼げる道は閉ざされる。

当たり前だけど、

実のところほとんどの人がやらない。

メルマガ、セミナー等、知識を吸収るところまではいいのだが、それを元に
実行するとなると、やる人の数はグーンと減る。

行動するって、試しにちょっとやるくらいならだれでもやるかもしれない。

問題は続けて、結果が出るまで行動するかだ。

成功した人は行動し続けている人だ。

 

■ 潜在意識を利用している

 

続けるにはマインドの部分がしっかりしていないと難しい。

結果がなかなか出ないと諦めてやらなくなったり、ネガティブになってしまうので、

心の中で、目標を定め、それを子供のように信じて、ポジティブになる
必要がある。

例えば、高級外車に乗る、家を建てる、海外旅行に行くなど。

トップアフィリエイター、実現できると信じて行動してきた結果成功した。

 

ここに挙げていることは、本当に面白いほど共通している。

だから

最初の社会的弱者かどうかは別として、

後は全て、自分の意思次第で取り組めることだから、ぜひ取り組んでみよう。

 

売れない商品を売る唯一の方法

日常

仕事をしている最中に1本の電話がかかってきた。

「お忙しいところ恐れ入ります、○○会社ですが、代表の方もしくは総務の方お願いできますか?」

「何でしょうか?」

「すみません、こちらエアコンの掃除やメンテを行っている会社で、営業マンがちょうど
御社の近くを回っておりまして、一度エアコンの状況を見させていただきにお伺いしたと
思いまして」

「いや、ニーズがないです。」

「そうですか、それではいつごろニーズが発生しそうでしょうか?」

「いいえ、エアコンがないので」

「えっ? ないのですか?」

ガチャ  切ってしまった。

もちろん、いまどきエアコンがない事務所などない。 切りたいから適当に言っただけだ。

こういう電話がかかってきたが、どう思うだろうか?

いきなり電話が来て、エアコンの掃除、修理をしたいから、一度状況を見させてくれって、誰が、「おお、ちょうどよかった、それじゃさっそく来てくれ」などと言うだろうか?

本当に今ちょうどエアコンが壊れて困って、修理屋か何かを探している最中に電話がかかってきた。

恐らくそのような偶然が起こらないと無理でしょう。

なぜ無理なのか?

タイミングの問題以前に、

この電話の相手は、自分の要求ばかり話しているから、無理なんだ。

このオペレーター(かどうか知らないが)は、エアコンの修理や掃除の仕事をくれ、と要求しているのである。

気持ちはわかるが、それでは100回かけても、100回「ノー」と言われるだけだ。

人は自分の得する事、困っている事しか興味がない。

まずは相手に与える事。

何を与えるのか?

 

得する情報を与える、得する物、サービスを与える。

 

この場合だったら、まず、エアコンが壊れているという事は少ないだろうから、エアコンの掃除の必要性を訴える。

エアコンの掃除必要なのは誰でもわかっている。だから数字に置き換えて、説明する。

掃除をすることによって、夏の間の電気代、ふつうは暖房機能もあるだろうから、1年を通して
どれだけ電気代を節約できるかを説く。

でもそれだけでは弱い。「ふ~ん、そうなんだ」で終わってしまう。

必要性が分かったところで、その業者を選ぶ理由は全くない。

情報を与えてくれたからその見返り、というのもあるが、この状況では弱い。

今度は、魅力あるオファーを出すんだ。

例えば、「1回掃除を無料で実施」をオファーする。

無料で掃除なら、それでも断るほうが多いと思うが、ぐ~んと確率が高くなる事は間違えない。

可能なら、2台以上あるところを狙って、1台タダにする。さすが、1台タダでやってくれたなら、
2台目はいいとは言いづらいだろう。

それで、目立たないところに掃除し日付と、会社名と会社の電話番号を入れるのだ。
もちろん許可を得て。「掃除した日というのは忘れがちですから」と言って。

次の訪問の可能にするフックをかけるという事だ。

 

このことは、アフィリエイトのブログや、メルマガにも言える。

せっかく無料レポートなどで集めた読者が集まって、メルマガを発行しても、売り上げゼロなんて情況なら、ひょとしたらこのオペレーターと同じ感じなのかもしれない。

 

読者にメリットを与える前に、自分から報酬をもらおうという、利己的な記事になっていないか。

つまらない情報ばかり発信し、商品を売ることに意識を集中していたら売れない。

まずは、読者の立場人立って、読者の役に立つ、興味がわく、面白い情報を発信し、ファンを育てる。

信頼関係を築くこと。それができないと、いくらオファーしても反応はない。

信頼関係を築いて、読者からファンになってくれれば、商品は勝手に売れる。

アフィリエイト のキーワード 選び方、入れ方一つで劇的に変わるアクセス

アフィリエイト

アフィリエイト やる際のキーワード 選び方、入れ方って非常に重要で

記事を書いたりするときに、不用意にキーワードを選んで、または選ばないで書き上げるのと、
きちんとキーワードを選んで、きちんとした方法で入れるのでは、

アクセスにものすごく差が出る。
アクセスが稼げるキーワードを選んで、きちんとした入れ方をするという事は、SEO対策の基本中の基本だ。
 
キーワードを説明する前に、まずSEO対策の現状を見てみよう。
seo対策において、検索エンジンの評価を得て、検索上位にいくには、数年前までは、リンクの数と質が最も重要だった。

 

優良なリンクを多く貼れば、ビッグキーワードでも上位に上がれることは可能だった。

だが、今は

リンクの質、量よりもコンテンツが重視されている。

 

コンテンツ重視というけど、何すればいいのか?

 

読む人を意識して、読者の役に立つようなコンテンツ作りに励むこと。

 

だけど、読者のためったって、やみくもに記事を自由奔放に書いてはダメ。

 

あくまでも検索上位にあげて、アクセスを流れ込ませるのが目的だから、

そこはそのことを意識して書かなきゃダメだ。

 

■キーワード選定方法

 

キーワードは、自分の頭の中で想像しても限界がある。世の中、いろんな人がいる、

1億人いれば、1億通りのキーワードがある。

人というのは自分では考えられないキーワードを検索しているんだね。

 

探す方法を並べてみた

・FerretPLUSのツールhttp://tool.ferret-plus.com/mypage

これは便利だ。実際SEO業者やリスティング広告業者も参考にしている。特にこの中の

「キーワード発想」はお勧め。

 

・関連キーワード取得ツールhttp://www.related-keywords.com/

・goodkeyword http://goodkeyword.net/

これらも、時には全く気付かなかった面白いキーワードを見つけることができる。

 

・「Yahoo知恵袋」や「教えてgoo」

これらは悩んでいる人が、聞きに来るので、悩んでいる人が使っているキーワードは直接お金になるキーワードと言える。

 

・アフィリする商品の販売ページから探す

・自分のサイトのアクセス解析から探す

 

・本屋の書籍や雑誌 夕刊紙から探す

特に日刊ゲンダイなどの夕刊紙は、下世話な記事が多いが、意外とトレンド的なキーワードをピックアップするのに最適である。

・車内広告、看板から探す

以上、キーワードは自分で考えず、ありとあらゆるものを使って、調べる必要がある。

 
■キーワードの入れ方

 

キーワードは、タイトルに必ず入れる、しかもキーワードとキーワードの組み合わせた、スモールキーワードを入れることに徹する。

 

例えば、「ダイエット」「キャッシング」など単体のキーワードをビッグキーワードと言われるが、それプラス ほかのキーワードを2つ、3つ添える。できれば3つ添えたい。

ビッグキーワードだけでは、検索上位に上げるのはまず無理。ミドルキーワードも難しいので、狙うのはスモールキーワードのみ。

 

 

「ダイエットのためのウオーキング、効果はたった2ヶ月で体重が20キロ減った驚愕の方法」

といったように、狙いたいキーワードはダイエット、ウオーキング、効果、だね。

こういったキーワードを出来るだけ左側に入れ、右側は読者にインパクトを与える言葉を入れる。

なぜインパクトある言葉が必要かというと、

読者をひきつけ、文章を読ませるため。

キーワード検索で訪問してきたユーザーに、今度は面白そうと思ってもらわなければ、
文章は読んでもらえない。

 

 

本文にはキーワードにもキーワードを入れる。

10個と言われているが、あまりきにしなくていい。自然に書けば、そのくらいキーワードは意識しないでも入っている。

 以上の事を意識して取り組むか、取り組まないかによって、結果に大きな差が出てくる。

常に心がけて、やったほうがいい。

 

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >